隠居生活☆東京・マニラ行ったり来たり

wakahiroo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 17日

俺んちの蘭ちゃん

バクラランで蘭の鉢植えを二つ買っちゃった。
無意識に二鉢とも紫色を選んでいた。
品性が下劣な佐太郎、高貴な紫色に憧れるのは、コンプレックスの表れなんだろうな。

b0018885_4162769.jpg
こいつ、100ペソ(約200円:ペソを円に換算するときは、2倍すればだいたい合っている)もしたんだぜ。
この花の色は、バイオレットだな。
自信を持って言う。俺んちの蘭ちゃん、水谷んちの蘭ちゃんより綺麗だろ。

佐太郎、紫と赤とピンクが好きなんだ。
そうやなあ。
  精神は限りなく紫色で、行動は真紅に気合いを入れて、生活は桃色にほんわりと包まれて生きたい
と常々思っているのでさあ。

b0018885_4255424.jpg
こいつは80ペソ。ちょっと地味かなあ。こちらはパープルだよな。
店員の言い値は、両方の鉢とも150ペソだった。女房、辛抱強くここまでまけさせた。
佐太郎だとこうはいかない。外国人はなかなかまけてくれないし、途中で面倒臭くなってすぐ手を打ってしまう。したがって、わが家では、仕入担当は女房なんすよ。

b0018885_526844.jpg
花を愛でつつ、真昼間から酒を飲む佐太郎。
優雅っちゃ、優雅やろ。悲しみと表裏一体の優雅ってとこかな。
金はないけど、時間は有り余っている。
心の持ち方次第で、極楽、極楽なのでごわす。

b0018885_527011.jpg
どちらを取るかって。
もちろん、女房に決まってるだろ。
そりゃあ、愛しているからさ。
てなこと言って、本当は寝たきりになったら、世話してもらわなければならないからだろ。
逝くときは、神様、ぽっくり、いっきにで、お願いしますだ。

b0018885_5273223.jpg
この子も、1年前、やはりバクラランで買った蘭。しっかり生きているんさ。散っては咲き、散っては咲き、したんだそうだ。根腐れしなければ、花を咲かせ続けるみたいだ。
オイラも、もう一度くらい、花をつけたいなあ。
オイラの根っこ、もう腐りきってるか。
ああ、無情。

あの頃は純白に憧れていたのかなあ。
時がうつろえば、心も好みもうつろうって。
祇園精舎の鐘の声でさあ。

b0018885_164457100.jpg
上の画像は、女房の妹の旦那、ビトイが栽培している蘭。
始めは、何なのか、わからなかったんで、女房に聞いた。
  「これ、ナンなのよ?」
  「ランなのよ」
ちょっと、作っちゃったけど、だいたい、そんな感じ。
とにかく、蘭ってこんなところに咲かせるんだ。びっくりした。
反省。蘭についてまったく無知だったのだ。
東京に帰ってから、私が関心がある洋ランの方中心だけれど、ネットの蘭のサイトを見まくって、猛勉強中である。
蘭の世界は奥が深い。
大筋を理解するだけで、1週間くらいかかった。

ちょっと面白かったり、へぇ~って感じたりした点を箇条書きにしておこう。

●洋ランは、花の歴史の中では、ニューウェーブなんだぜ。今も、栽培技術や品種改良が進んでいるんだそうだ。

●「オーキッド」は、ギリシア語の「睾丸」を意味する単語が語源なのだそうだ。佐太郎、それを読んでうれしくなってしまった。ランの塊茎が睾丸に似ているかららしい。
が、佐太郎、もっと意味深いものを感じてしまうんだな。派手で色鮮やかで美しい蘭の花。扇情的でセクシーに見えてきてしまう。
美しいもの背後には毒が、、卑猥でまがまがしいものがお隠れになっているんでさあ。

●買った花の鉢に土がないのが不思議だった。花って土から生えているという思いこみがあった。鉢植えの蘭の栽培の場合は、ミズゴケや樹皮チップなどが用いられるだってさ。
佐太郎の中の既成観念が、あっさり打ち砕かれた。

●洋ランは着生植物となるものが主流なのだそうだ。洋ランと言えば、普通、樹木や岩場に根を張って生育する「着生ラン」を指し、地上に生えるものをわざわざ”地生ラン”と呼ぶほどだとか。

●蘭の名前は、舌を噛みそうなものが多い。例えば、胡蝶ランはファレノプシス。その他、有名どころで、シンビジューム、デンドロビウム、パフィオぺディラム、覚えやすいのは、カトレア、バンダなど。
とりあえずは、この辺の名前を覚え、花を見て区別がつくようになることでさあ。結構、ハードルが高い第一関門なんだ。蘭科の植物は原種だけで3万を超えるだそうだから、それ以上は成り行き次第なのさ。

蘭狂いより、生身の女性狂いの方が性にあってるかも・・・・、ハハハ。
相変わらず、佐太郎、アホやろ。

by wakahiroo | 2009-06-17 00:48 | ○フィリピンの植物
2009年 06月 08日

バクラランの花屋通り(花とジープニー)

女房と私は、バクラランの教会のミサに出たときには花屋ストリートをよくぶらつく。
衣類や日用品などの雑貨の屋台でゴチャゴチャ混み合っているバクラランでは、珍しく心が安らぐ場所なんだ。

b0018885_5553594.jpg
通りには100メートルくらいの間、小さい露店の花屋が左右に連なっている。
正式名称は知らない。でも、女房と話すときは、「フラワーショップ・ストリート」とか「花屋通り」とか言っている。

b0018885_11143717.jpg
まずは、花屋さんをいくつかアップしていこう。通りを歩いている気分になっってくれたら、うれしいなあ。
実際、ぶらついていると、1時間くらいすぐたってしまう。
ここで売られているのは、オーキッドが多いかな。

b0018885_11163416.jpg
私の住んでいるラス・ピニャスのパンプローナからバクラランまでは、いつもジープニーに乗っていく。ジープニーの道順もも3通りほどある。
一番早いのは、アラバン・サポーテ・ストリートをサポーテまで行き、そこからコスタル・ロードに乗るルートである。、20分くらいで着く。料金はルートによって違う。このルートは18ペソ(約36円)。安いやろ。日本に帰ると、電車料金が高く感じてしまう。

b0018885_11191137.jpg
ジープニーに乗ると庶民の生活を垣間見ることができる。私は、親切にされた良い思いをしたことはあるが、危険な思いをしたことがない。
乗客の少ない深夜は危険かもしれないが、乗ったことないので、わからない。
佐太郎、夜中、出歩くなんて、お行儀の悪いこと、しないもん。良い子ちゃんやから。
あれえ、閻魔様に舌、抜かれるかな。

b0018885_11201423.jpg
一度、コスタル・ロードの上で車輪がパンクしたことがあった。
半時間ほど待たされたが、道路わきに寄せて、運転手が手慣れた感じで予備のタイヤと交換してしまった。本当にジープニーの運転手は、なんでもできるんだ。ますます尊敬してしまった。もっと、驚いたのが、乗客が数人降りて、運転手を手伝っていたことだ。早く帰りたいという思いもあるのだろうが、庶民の助け合いの精神みたいなものを感じたね。そう、ジープニーは庶民の乗り物なんだよな。

b0018885_1121293.jpg
佐太郎、ジープニー愛好者連盟日本支部を勝手に作っている。
すぐ来る。安い。目の前に、綺麗な若い女の子が乗ってくる。隣りに座れば、ギュウギュウにつめこまれるので、身体の温みが感じられ、心地良い。
利便性、経済性、眼の保養、肌の触れ合いを考えると、ジープニーは、マニラでは最高の乗り物なんすよ。
フィリピン文化、フィリピン大衆に触れ合いたい人は、タクシーやバスなんかに乗ってはいけないのだ。

b0018885_183654100.jpg

佐太郎、意外と花が好きなんだ。
佐太郎と花なんて、結びつかないって。
美女に野獣だって。いんや、猫に小判だって。おまえ、言い過ぎやろ。
でも、そうなんだ。私自身、最近まで花が好きだと気付いていなかったんだ。
ミスマッチだって、素直に認めるぜ。
生きている花、綺麗な女性を眺めるのは人一倍好きだと自覚してはいたけどねえ。
えっ、植物の花だって生きているって。
ごめん、「生きている花」のところ、「息をして、毒をはいて、トゲのある花」に訂正しておいて。
その花、思い通りにならないところ特にがいいんだよなあ。時々、いじめられるし・・・
サド侯爵って、本当はマゾだったんだってさ。テレビでやっていた。
注釈。佐太郎の本名、佐渡って言うんさ。

b0018885_11213391.jpg
値引き交渉をしている女房。
この日は、蘭を二鉢購入。
私も真似して値引きしてみるんだが、ほとんど、うまくいかない。何が違うんだ?


b0018885_956493.jpg
バクラランの衣類、雑貨を売る屋台街。
ここは教会の横。大通りに面していて、一番、すっきりとしたところかな。
奥の方は、混雑していて、デコボコしていて、ゴチャゴチャしていて、の悪い私には、難儀な場所なんだ。スリも多いんだってさ。できることなら、行きたくない場所。二のを踏むところさ。

もう一度、言っておこう。
佐太郎は、花とジープニーが大好きなんさ。
文句、あっか?

by wakahiroo | 2009-06-08 05:56 | ○フィリピン点描