<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 22日

パンプローナの日々(その1)

ここでは、パンプーローナの日常生活を紹介していく。
サブテーマはバルコニーから見える風景
b0018885_1712794.jpg
バルコニーから見た朝焼け
午前6時頃起床。起きたら、まず鍵を開けてバルコニーに出るのが習慣になっている。
この光景から一日が始まる。


b0018885_1725692.jpg
バルコニーから見た夕焼け

b0018885_10555835.jpg
お昼の風景。
すぐ前の画像とほぼ同じ方角。

この家の老夫婦、ずっとカナダで働いていてリタイアし、悠々自適らしい。
言うなれば「カナダ・フィリピン行ったり来たり」だ。
マカティにコンビニを2軒、持っているとのこと。

b0018885_10572648.jpg
このバルコニーは我が家で一番気にいっている場所。
私の癒しの空間。
眺望のよさはなかなかのもの。


b0018885_10574917.jpg
広いだろ。
暑くなり過ぎるまで、午前中、ここで本を読んだり、パソコンを打ったりしている。
観葉植物をもう少し充実させたいね。

b0018885_1121378.jpg
朝食は午前7時頃。
毎日、女房とバルコニーで食べる。パンと珈琲と生野菜、果物が基本。
少し高いけれど、地場の野菜もおいしいよ。
今度、コーヒーメーカーとトースターを買っていってここに備える予定。

昼食、夕食は1階の食堂で食べる。

b0018885_1123643.jpg
夕焼けを背景に己の人生の落日を思いやる佐太郎
心なしか、寂しげやろ。

すべてのものに終わりがあるんさ。
潔く受け入れて、残された時間を楽しく過ごすのさ。

b0018885_9212255.jpg
朝早く生ゴミを隣りの空き地で焼却している。
生ゴミは週に一度しか収集にこない。どこの家でも見られる風景だ。

この土地の所有者は日本人とのこと。
しばらくは家を建てないでくれよ。眺望が悪くなる。そいつは困る。
家の反対側も空き地だが、こちらはイギリス在住のフィリピン人所有だという。
こちらは家を建ててもらっても全く構わない。

b0018885_922139.jpg
毎日、午前中に回ってくる魚屋さん
良い魚を買うには、トライシクルとジープニーに乗って、1時間以上かけてパレンケ(市場)に行かなくてはならない。
種類は少ないが、労せず新鮮な魚が手に入れられ、重宝だ。
他に早朝、少年達が売りにくるパン・デサール(小型の塩味だけのパン、出来立てだ)を時々買うかな。

後ろにいるのは、向いの家のメイドさん。
いつも顔を合わせるので、私の顔を見るとニコニコする。

ここのご主人は、30年以上、ドバイで働いて、リタイアしたばかりだ。暇をもてあましている。
後、来年大学を卒業する、末の息子がいるだけ。来年、やはりドバイに行くのだそうだ。
メイドさんの仕事はあまりない。主な仕事は、2匹のワンちゃんと数十羽いる鳥の世話。
奥さんや他の家族はドバイで暮らしている。
奥さんは「ドバイ・マニラ行ったり来たり」らしい。

b0018885_11643100.jpg
トライシクル(オートバイの横にサイドカーがついた乗り物)が時々通る。
バスやタクシーやジープニーの走るアラバン・サポーテ・ストリートまで12ペソ(約30円)。
歩いて10分くらいなので、私はあまり乗らない。歩いていないと、私の場合は歩けなくなりそうなんだ。

後ろの空き地にいるのは、向いのご主人が田舎(生まれ故郷)のマスバテ島(セブとミンドロの間)から連れてきた闘鶏用の鶏。
マスバテは強い鶏の産地とのこと。
暇なので、闘鶏を始めるのかも・・・
今度、連れていってもらおうか。
実を言うと、会えば挨拶をするくらいで、まだあまり親しくないんだ。
遠くの親戚より近くの他人だよね。気が合いそうな予感がするんだ。

朝、鬨(トキ)をつくる声が結構うるさい。
悪いと思ったのか、バギオに行ったとき、新鮮な野菜とストロベリージャムをお土産に持ってきてくれた。
私なんか、騒音と感じるよりは、むしろ懐かしい風情を感じ全然抵抗ないんだけどね。

b0018885_1172220.jpg
バルコニーから通り過ぎる人達を見ているのも面白い。
人知れず見下ろして、他人の秘密を覗きみるようで少しやましい気持ちを持つ健全な自分と、ピーピング・トム的な好奇心を満足させて喜んでいるいけない自分が共存しているんだ。
人間って、複雑やね。自分のことすらわからねえ。だから、面白いんだ。なかなか人間廃業できないんだ。

とにかく、フィリピンの普通の人達の生活が伝わってくる。

b0018885_9224255.jpg
愛犬ミゲールを散歩させる女房

b0018885_1175730.jpg
一度集中的な豪雨で前の道路が冠水した。
子供達はむしろ楽しんでいる。


by wakahiroo | 2008-05-22 11:49 | ○ラス・ピニャス通信
2008年 05月 08日

近隣の植物(その1)・花編

よたよた歩き(散歩)の途中、折に触れて、フィリピンの家のあるヴィレッジの中に咲いている花を撮り続けた。日本の花でもよくわからない。熱帯の花など、なおさらだ。
何とか認識できたのはハイビスカスとブーゲンビリアかな。それとて、自信がない。
いずれにせよ、このカテゴリは、時間をかけて充実させていくつもりだ。

■ハイビスカス(Hibiscus)
b0018885_17574011.jpg
南国の花と言えば、突き抜けるような青い空を背景にした赤いハイビスカスをイメージする人が多いんじゃないかな。
でも、そのハイビスカス、呼び方、品種が多種多様で全体像をつかむのはとても難しい。

b0018885_17583658.jpg

□科・属名:アオイ科フヨウ(ハイビスカス)属
□原産地:不明。インド洋諸島、太平洋の島々、中国南部などの諸説がある。
□花言葉:常に新しい美、新しい恋、繊細な美、上品な美、勇敢
□花色:原色で鮮やか。赤、黄、白、ピンク、オレンジなど多様。中には、淡い色の可憐な花をつけるものもある。
□フィリピン名:ゴマメーラ

・アオイ科フヨウ属の熱帯性常緑低木の総称。一般的にはブッソウゲを指すことが多い。
・もともと雑種植物で変異に富み、近年ハワイでの交雑種を含めて呼ばれるようになった。
・さらには類似のフヨウ属植物を漠然と指すこともあり、とても複雑なアオイ科の園芸種群の総称ともなっている。観賞用の種や交配種が多数ある。
・フヨウ属は北半球の熱帯、亜熱帯、温帯に自生する。
・ハワイに持ち込まれてから広まった。摘んでもなかなかしおれないためレイ(花の首飾り)に使われている。
・ハワイ州の州花。マレーシアの国花。ネパールでは聖なる花として大切にされている。
・ハイビスカスは品種名が不明のものも多い。栽培の際は花色や花形などの好みのものを選ぶのがよい。


b0018885_950946.jpg
■ハイビスカスの基本種、ブッソウゲ(仏桑花、扶桑花)についてまとめておく。
・沖縄では、アカバナの名で親しまれ、雑草のように当たり前に見られる。
・極めて変異に富み、8000以上の園芸品種や雑種が知られている。
・一般的には高さ2~5mの熱帯性低木で、葉は広卵形、狭卵形、楕円形で先端は尖る。
・外国や沖縄の地植えのものは、3mくらいまで大きくなる。
・鉢植えのハイビスカスは高さ30cm程度のものが多い。
・花径5~15cmの鮮やかな色の大きな花をつける。
・花はらっぱ状または杯状に開き、花柱は突出する。花が垂れるもの、横向きのもの、上向きのものなど変化に富む。
・花は伸び出した新しい枝に咲く。
・通常一日花。朝開いた花は夜には閉じてしまう。


b0018885_9512174.jpg
これもハイビスカスだと思うが・・・違うかも。
とにかく、ハイビスカスは奥が深い。
次のウェッブ・サイトが参考になりそう。
  ハイビスカス・パラダイス


■ブーゲンビリア (Bougainvilleae)
□科・属名:オシロイバナ科ブーゲンビリア属
□原産地:中南米の熱帯雨林
□花言葉:情熱、あなたは魅力に満ちている。[魂の花とも呼ばれている]
□和名:イカダカズラ
つる性の低木。鋭くはないがトゲもある。花の色は鮮やかで美しい。赤、白、ピンク、マゼンタ(明るい赤紫)、紫、だいだい、黄と、変化に富んでいる。
b0018885_17383422.jpg
マゼンタのブーゲンビリア
色づいた花びらに見える部分は花を取り巻く葉(包葉)である。
実際の花はいわゆる花の中央部にある白い部分。よく見てね。
包葉は普通3枚か6枚。

b0018885_17592769.jpg
赤いブーゲンビリア
風景に溶け込んでいる。

b0018885_614339.jpg
白いブーゲンビリア。清楚で良いね。
斜め前の家の生垣。今度、栽培のノウ・ハウを聞いてみようか。

b0018885_624333.jpg
三種混合しての乱れ咲きやな。


■その他の花々
ヴィレッジの中には、他にも色鮮やかで魅力的な花が咲いていた。不思議な感じの花。印象的な花。ひっそりと咲く花。さまざまだ。
何はともあれ、まずは名前をつきとめなければ話にならないよな。
「南国に咲く花探検隊」結成だ。また、一人ぼっちなんだろうけどね。
が、何をしたらいいかわからない。今のところ手探り状態だ。
ネットで検索してみようか。図書館に行って植物図鑑を借りてこようか。熱帯植物園に行ってみようか。いろいろやってみるさ。
でも、一番大切なことはその魅力にどっぷりと浸ることなんだろうね。
b0018885_6293487.jpg
ウナズキヘリコニア
バショウ科、ペルー原産、比名:パラダイス

パーティの飾りつけみたいな花だな。綺麗だ。面白い。
我が家に一株、欲しいなあ。
b0018885_6282992.jpg
女房がこの花を見て「サギン・サギン」と言った。サギンとはフィリピノ語でバナナのこと。
本当だ。花芯の部分がまるでバナナだよな。
正式名称は何と言うんだ。

b0018885_6162178.jpg


b0018885_626054.jpg


b0018885_627556.jpg


b0018885_6322455.jpg
この花、街路際によく見られる。
ネット仲間の助言とネット・サーフィンにより、次のように私なりに結論を出した。

アデニウム・オベスム(Adenium obesum)
・またの名を「砂漠の薔薇(Desert rose )」と言う。
・キョウチクトウ科アデニウム属の常緑低木
・東アフリカに分布。というか、原産らしい。
・乾燥した土地に生え、太い幹に水を蓄える。
・高さは1.5~2メートルになる。
・アデ二ウムは自生地のひとつ、南イエメンの首都であるアデンに由来
・フィリピンでは、カラツチ(calachuchi)と呼ばれている。

・カラツチ=ブルメリアと説明している方もいたが、その辺が釈然としないかな。ひょっとすると、ブルメリア、アデニウムを含めてカラツチと呼んでいるのかもしれない。
・花言葉は「純な神経」とのこと。まさに佐太郎の内面を具現化した花なのだ。ハハハ。

この花、新木場の夢の島熱帯植物館にあるそうだ。


by wakahiroo | 2008-05-08 18:00 | ○フィリピンの植物
2008年 05月 06日

スービックの海

2008年1月25日より3日間、高校の友人3名と女房と私の総勢5名で、マニラの北西100kmほどのところににあるスービックの海に行ってきた。スービックは以前アメリカ海軍の基地のあった所。
マニラからはハイウェイを通って4時間くらいで行ける。
b0018885_11301615.jpg
オロンガポ(Olongapo)のバリオ・バレット(Barrio Barretto)の海辺。
真ん中で海を眺めている若者が、人目を挽く美男美女だったのを覚えている。

b0018885_11314711.jpg
フィリピンの子供達は朝早くから海に入って遊んでいる。
この写真を撮ったのもまだ午前7時前だった。
太陽が昇った後の灼熱の日光を浴びるの嫌うのだろう。

b0018885_11322877.jpg
写真のアウトリガーのついた船でスービック湾を1周してきた。
後半、波が高くなり、半身ビショヌレになったのもよい思い出。
沖合いの島のビーチ・リゾートに寄りたかったのだが、時間がなかった。

b0018885_11332190.jpg
夕暮れのスービック湾。
まだまだ、暗いところの撮影技術がなっていない。三脚くらい使わないとな。反省。

b0018885_1435494.jpg
子供達は可愛い。
ヒトデを見ながら鳩首会談?

b0018885_14381151.jpg
海に入って、軽く泳ぐ友人二人。
佐太郎は指をくわえて見ているだけ。運命には逆らえない。できないことはできねえ。
いいさ。別の愉しみ見つけるもんね。できることをやるんさ。

b0018885_1439129.jpg
佐太郎、1年に1度くらいしか、床屋に行かない。
まるで隅田川河畔のホームレス的風貌。
昔、ヒッピーの真似をしていた時期があったなあ。っていうか、新宿のフーテンだったよな。

b0018885_1444659.jpg
還暦を過ぎたジジイ3人。
後ろは最初の夜、泊まった、日本人経営のスズキ・ビーチ・ホテル。
雰囲気のない平凡なホテルだった。

b0018885_1444553.jpg
2日目は、アリゾナ・インターナショナル・ホテル(Arizona International Hotel )というところにした。浜辺を歩いていて見つけた3軒くらい隣りのホテルだ。
ここは、なかなか居心地がよかった。詳しくは、下のホーム・ページを見てね。
   アリゾナ・インターナショナル・ホテル

b0018885_1448431.jpg
サンバレスの海。バリオ・バレットからハイ・ウェイを1時間弱、北上すると、サンバレス(Zambales)があり、3つほどビーチ・リゾートが並んでいる。
湾ではないので、ここの海はキレイだった。

b0018885_1448389.jpg
そのうちの一つ。ラマ・ビーチ・リゾート(Rama beach resort)に車を入れた。
落ち着いた静かなリゾート。
でも、海が遠浅ではない。老人達は慎重で経験がある。
体力的にも危険と判断。海には入らなかった。
今度、ゆっくり行ってみたいなあ。

b0018885_14492089.jpg
その代わり、皆でリゾートのレストランで食べて、飲んだのさ。
やっぱり、詳しくは下のウェッブ・サイトを見てちょ。
    ラマ・ビーチ・リゾート

   

by wakahiroo | 2008-05-06 11:33 | ○旅するフィリピン