隠居生活☆東京・マニラ行ったり来たり

wakahiroo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2004年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2004年 11月 16日

(東京よたよた歩き4)小石川後楽園の秋

秋を探して小石川後楽園に行った。
パンフレットには次のように書かれてある。

水戸徳川家の江戸上屋敷内の庭園。1629年初代藩主頼房が庭の造営に着手し、2代光圀に引き継がれた。明の遺臣朱舜水を儒臣として登用し、中国趣味を取り入れた回遊式築山泉水庭園である。園名は『岳陽楼記』の「天下の憂いに先じて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から、後楽園と光圀が命名した。小石川と冠したのは、1923年(大正12)であり、岡山後楽園と区別するためであった。現在は都立の庭園として公開されている。(国指定特別史跡・特別名勝)

入園料・大人300円だったが、障害者手帳を見せれば、ただになった。

入り口の売店に水戸の名産品が売っていた。始め意味がわからなかった。なんのことはない、黄門つながりでした。笑っちゃいました。買う人いるのかなあ。
パンフレットのコピーは
  水戸黄門ゆかりの大名庭園
  大江戸・東京に残る深山幽谷

である。なるほど,なるほど。

お腹がすいていたので、売店でタイヤキを2個買った。市販の出来合いのタイヤキをレンジで暖めただけのような感じ。まずiい。いくら公営の施設だからって、お粗末すぎるんじゃないのかなあ。深山幽谷(?)だから、しょうがないか。

昔、子供達と、時々、来ていた。身体が不自由になってからは、始めてだ。
ベンチに座ってタイヤキを食いながら、しばし、しみじみ~となる。
今度は孫娘とお散歩しようなあ。楽しみだ。
それまで、生きるぜ。黄門さ~ん、見守っていてね。

1400メートルの約1時間のコースを歩く。
小規模ながら、山あり谷ありで、きつかった。この辺が限界だなあ。
佐太郎にとっては、ハードなアドベンチャー・コースだった。
でも、久し振り、自然を味わった。山道を歩く醍醐味を幾分か味わった。
こんな近くに深山幽谷があるんだ。忘れていた。
2月の梅林、6月の花菖蒲の時期には、また来よう。きれいなんだよ。

まずは、秋を探しに来たんだから、紅葉、3連発。

b0018885_18425745.jpg


b0018885_18444065.jpg


b0018885_18565677.jpg




b0018885_14155139.jpg入り口

日中友好会館の隣り

b0018885_14164785.jpg入場券売り場、売店付近
b0018885_14115054.jpg中央に樹齢60年の桜の木。
その向こうに白い山のように見えるのが東京ドーム
左のビルは文京シビックセンター

b0018885_14244296.jpg池の向こうの高い建物は東京ドームホテル

b0018885_14285467.jpg30メートルくらいある小山の観音堂跡より下を望む。
手すりのない、高さが不統一で、足場の悪い階段を上って、ここまでくるのは大変だった。

b0018885_10565666.jpg木立の中の朱塗りの太鼓橋、
ここもきつかった。
二人のおばさんに「大変ね」と同情された。
うれしいような、悲しいような・・・

b0018885_14443147.jpg最大の難所だった。
健常者の大人には、何でもないこの渡り石がこわかった。
途中、足がすくんで、一時、身動きがとれなくなった。
下を泳ぐ鯉を眺めて、心を静めた。

b0018885_1934839.jpg渡りきったときは、心の中で拍手喝采。
「よくやった、佐太郎」
梅林と花菖蒲田のある空間が広がっている。

b0018885_195245.jpg池には、水鳥も泳いでいた。何の鳥か、そこまで観察する余裕がなかった。
オシドリのようにも思えたが?あ、はて?

b0018885_1993281.jpg内庭、
水戸藩書院のあったところだそうです。
すぐ向こうは後楽園(一般的に知られている、興行会社)の建物。
こちらの後楽園が、本家本元でっせ。
東京の穴場だよ。自然の宝庫だよ。

こちらの後楽園にも、どうぞ、足をお運びに!
なに、セールスしてんだよ。
東京都に何ももらっていません。
本当におススメなんだ。

by wakahiroo | 2004-11-16 10:35 | ◎東京よたよた歩き