隠居生活☆東京・マニラ行ったり来たり

wakahiroo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:○ラス・ピニャス通信( 3 )


2009年 07月 09日

ご近所の娘達

マニラの家の近くを散歩していると、必ず声をかけてくれる若い女性のお友達が、佐太郎には、3人もいるんだぜ。羨ましいだろう。

皆、けして美形というわけではない。
でも、若さという奴はそれを補って余りあるものがある。
  若さは眩しい!
この歳になると、つくづく感じてしまう。
障害をかかえている佐太郎は、死というものを射程の中にとらえている。
1年単位で、生きられることを素直に喜ぶ状況にある。

もちろん、若さだけが素晴らしいわけでもない。
成熟した女性、経験を積んだ女性はそれはそれで素晴らしい。いい歳を重ねているなら、違った位相の魅力を感じてしまう。引き込まれて虜にされてしまう。
なにい、佐太郎の女好きは死ぬまで治らないってか。ハハハ。
それが普通だろ。人間らしくていいんじゃないか。治すつもりなど、さらさらないもんね。

b0018885_16515247.jpg
ジョセリン、20歳。レイテ島の田舎出身。
向かいの家のメイドさん。穏やかな性格。慾はなく、決して怒らず、いつも静かに笑っている。ありゃ、どこかで、聞いたような表現やなあ。

b0018885_16524831.jpg
ジーマ、19歳。道路ひとつ隔てたお隣さんのメイドさん
ロンブロン島出身。と言っても、私もどこにあるか知らなかった。ネグロス島の近くの小さな島なのだそうだ。働き者だ。山育ちの野性児そのまま。
力が強い。毎日、山の上まで水を運んでいたのだそうだ。
ココナッツの木なんかも、するすると上ってしまう。急ぐと、子供のように駆け出す。
この子、垢ぬけすると、大変身しそうな気がする。


b0018885_16543849.jpg
メイド(katulong)の憂愁
フィリピノ語のカツロンは、日本語にはメイドと訳すより、女中と訳す方が語感があっているような気がしている。
家族の一員として扱ってもらっているようで、厳然とした使用人なのだ。
労働時間とかの契約はほとんどないようだ。
主人が認めてくれなければ、遊びにいくこともできない。
自分が自由に使える時間がほとんどないみたいだ。
たとえ時間があっても、お金がないから何もできないだろうけど。

フィリピンの市民社会を住人として眺めるようになって、まだ日が浅いのだが、今、感じていること。
・フィリピンの身分差・階層意識は日本よりはるかに強い。
・金を持っていれば、ほとんどのことが許され、金がなければ、ゴミ同然の扱いを受ける。
・日本の平等意識では、ついていけないところがある国だ。

■ジーマが犬を連れてうかない顔で、我が家の裏の空き地にぼんやりたたずんでいる姿を何度か目撃した。おそらく女主人に怒られたんだろう。その顔に、どうしようもないあきらめと、向けるところのない悲しみ・怒りを見たのは、外国人のジジイの感傷だったろうか。
■ジョアンは、早朝、沈んだ顔で、やはり犬を散歩に連れ出してしていた。「モーニン!」と声をかけても黙ってうつむいて逃げていった。いつもは明るい元気な声で返事が返ってくるが・・・

休みとか、労働時間に対して、きっちりした労働契約が結ばれていない。というか、結ばれる状況にない。メイドの仕事を辞めても、他の仕事がない。
だらだらと、見方によっては奴隷のような環境の下で働いていると言えなくもない。
日本の女の子のように、夜、遊びになど、もちろん行けない。

珍しく、3人で連れだって、昼、出かけてきたという。何をしてきたか聞いたら、路上カラオケで歌ってきたんだと。彼女達の自由なんて、そんなレベル。

彼女達に未来も夢もないような気がする。将来に対する閉塞感。
彼女達は今の生活を変えたくても、何もできない。現実に対する無力感。

彼女達は、女房に言う。
「アテ(オ姉サンかな? お姐さんかな? 目上の女性に使う)、日本人の男、紹介して」
「日本は老人国家よ。若い子なんていないよ」
「歳ととっていてもいいよ。優しければ、全然構わない」

彼女達には、外国に行くことが、現状脱出の唯一の手段なのかもしれない。

日本で思われているフィリピン女性のイメージと、一般的フィリピン女性の実像の間には大きな隔りがある気がする。
日本にいるフィリピン女性が、水商売の女性がほとんどなので、致し方ないのかもしれない・・・
・怠け者なんかじゃない。概して働き者だ。
・ヴァージンを大切にする思いは、絶対にフィリピン女性の方が強い。若い子の処女率は、日本の方が低いと思う。

b0018885_16551775.jpg
ジョアンと女房
ジョアン、19歳。マスバテ島出身。向いの家の旦那の姪っ子。向かいの家には、他にも、旦那の姪っ子の若い女性が二人、マスバテから来ている。一人は銀行で働いている。もう一人はシングル・マザーで、近々、ドバイに働きに行くそうだ。子供は田舎の実家にいるそうだ。この子が一番の美人かな。
ジョアンは専門学校に通っていて仕事はしていない。だから、準メイドのような待遇で暮らしているようだ。

我が家の朝は早い。バルコニーから始まる。
朝起きて、最初に目に飛び込んでくるホモ・サピエンスは、女房を除けば、彼女達3人なのだ。
毎朝6時頃、バルコーニーに出て、朝食のの準備をする。コーヒーを沸かし、生野菜と果物を切り、パンを焼いていると、彼女達が働き始める。太腿と二の腕を露わに出して、楽しそうに話しながら道路を掃き清めている。
彼女達の働く姿を眺めながら、女房と二人で摂る朝食が習慣となっている。
眼の保養というか、結構、贅沢をしているのかもしれない。若い子の肢体と動きは美しい。眩しい。なんだか若いエネルギーをいただいているような気がして、気持よく、一日を迎えられるのだ。

b0018885_16555022.jpg
近隣のメイド同士は仲良くしている。
田舎から出てきて友達もなく、孤独、疎外感を慰めあっているのかな。愚痴や主人の悪口を言い合っているんだろうな。
犬の散歩をさせながら、集まって、立ち話していることが多い。
メイド・ネット・ワークが出来上がっているようだ。


今回、日本に帰る時、トライシクルに乗った私と女房に3人は声をかけてきた。
「バイ、バ~イ、12月、待ってるから」
可愛いよな。

b0018885_16561665.jpg
ご近所3人組
折に触れては、この3人が集まって、チスミス(おしゃべり、噂話)をしている。
時々、一緒にでかけたりしている。結構、話が合うようだ。共通点は長い外国暮らし。皆、客観的にフィリピン社会を眺められるみたいだ。
メンバーは左から、
・向かいの奥方
ドバイに30年以上住んでいた。今は息子夫婦、娘夫婦がドバイで働いている。旦那も退職してフィリピンにいるが、故郷のマスバテ島に帰ったまま、戻ってこない。夫婦仲があまりよくないみたいだ。日本によくあるパターン。フィリピンの熟年夫婦も変わらないみたい。
・道路1本隔てたお隣さんの女主人
独身。サウジアラビアで20年近く看護婦として働いていたが、身体を壊して帰ってきている。自宅にサリサリ・ストアを開いたばかり。
・我が家の親分
28年間、日本で暮らしている。

by wakahiroo | 2009-07-09 08:26 | ○ラス・ピニャス通信
2008年 06月 09日

パンプローナの日々(その2)

今回は、家に集う人物の方に焦点を当てて紹介していく。


 ASAWA KO(我が伴侶)
フィリピノ語の学習をしよう。アサワとは、妻が夫のことを、夫が妻のことを指して言う。
「私の妻」と訳してもいいのだが、あえて「我が伴侶」とした。
フィリピノ語は、日本語ほど男女の区別に厳密でないようだ。フィリピンでは、男の方が女より偉い、優れているといった差別意識が少ない。フィリピーナを伴侶にして、このことになかなか気づかない男性は手痛いしっぺ返しを食らう。←経験に裏打ちされた言葉。ハハハ。
b0018885_9311861.jpg
3月2日、女房の四十何回目かの誕生日
アラバン・サポーテ・ストリートの出口にある「レッド・リボン」でバースデイ・ケーキを買う。
フィリピンのケーキも昔に較べれば、数段旨くなった。昔は、甘過ぎて一切れ以上は手を出さなかった。
我が家では、女房と私と長男が3月生まれ。私の誕生日はたいてい女房と一緒に祝ってしまう。

私の誕生日は、3月15日。
この日に生まれた人を調べてみた。
武豊、かしまし娘の庄司照枝、だちょうクラブの肥後克広、ここまでは良い。あと~横峯さくらの父ちゃん。
それより、私と同じ昭和20年には、3月13日に吉永さゆり、14日に栗原小巻、15日に私。つまり、小百合、小巻、佐太郎は1日違いで生まれたんさ。
サユリスト、コマキスト、サタリストにとっては豪華な3日間よ。
ただ、確認情報によると、サタリストは約1名らしい。誰かって?
ヒ・ミ・ツ。
天下の美女達と一緒にするなって。ゴメンチャイ。
だども、もうただのジジイ、ババアだろ。ブツブツ・・・

b0018885_9322386.jpg
我が家で始めて採れたブコ(若いココやしの実)
塀際にまだ小さい若いココやしが生えている。
日本に帰る前に、どうしても飲みたくなり、ビトイに聞くと大丈夫とのこと。
ビトイは女房の妹の旦那で、田舎育ち。こういうことには詳しい。
2リットルくらいのブコ・ジュースが入っていた。
無色透明。まずそのことに感動。
冷蔵庫にに入れて女房と半分ずつ飲む。美味。ほのかに甘みがあり、まろやかに喉を潤す

b0018885_9325270.jpg
題して、蘭と蘭の化身。いんや、乱の化身か。
バクラランで100ペソ(250円くらい)で買ったオーキッドの鉢植え。
3週間くらい花をつけて楽しませてくれた。
蘭の栽培を志そうと思っている。
それには、蘭の知識をもっと身につける必要があるな。

 AKO(私)
b0018885_13194330.jpg
朝陽を浴びての朝食。
朝のコーヒーは美味いぜ。最高!!
爽やかな良い気分。


  BABECUE PARTY IN THE BALCONY
b0018885_654528.jpg
女房と長男ファミリー
和夏ちゃんと会えて、ジジはウハウハ。
3歳半。背も伸びた。
語彙も増え、対話も滑らかにようになってきた。

b0018885_65627.jpg
和夏は、ジジがホテルのパーティで貰ってきた帽子と紙製のフォーンを持って、片時もじっとしていない。
客観的に見て、贔屓目を差し引いても、活動的で元気な子だ。
ジジはそのエネルギーが眩しい。ついていけず、時折、ギブ・アップ。

エビ、イカ、魚、とうもろこし、バーボイ(豚肉)、マノック(鶏肉)などなど、バーベキューは食べきれないほど。

b0018885_13202130.jpg
SATAROU at ANAK NIYA(佐太郎と彼の息子)
似ているかい。
息子は、休みが取れず、2泊3日の強行スケジュール。疲れにきたようなものだ。

また、少しフィリピノ語の学習。
ANAK(子供)はやはり男女の区別なく、息子、娘の両方を指す。
自分の子供だよ。子供一般はBATA(バータ)という。
フレディ・アギラの「アナック」という名曲、知っているかい。

b0018885_657712.jpg
女房と女房の妹
バーべキューは、いつも二人で作ってくれる。

  APO KO(私の孫)
b0018885_4282012.jpg
昼食を終えた和夏ちゃん。
まだ終えてないか。途中で猫にでもちょっかいを出しに行くんだ。
お行儀が悪い。とにかく、今はじっとしていない。
好き嫌いはほとんどない。何でもよく食べる。そういう点では、全く手のかからない子だ。

b0018885_724672.jpg
SMサウスモールで、私が買ってあげたドレスを着てポーズを取る。
ピンクが大好き。
行動は男の子系なのに、可愛らしい洋服が好きなのだそうだ。
保育園でも、男の子とばかり遊ぶのだそうだ。将来が少し心配かな。

b0018885_4301135.jpg
宿敵同士
和夏はいつもPUSA(猫)を追い回している。
日本から持っていたハムを惜しげもなく与える。
頭をイイコイイコしていたかと思うと、尻尾を引っ張って、ひっかかれ、わっと泣いた。
薬を塗ってもらい、痛みが取れると、すぐに追いまわし始めた。
好奇心が強いんだ。立ち直りも早そうだ。

  MGA PAMANGKIN NG ASAWA KO(女房の甥と姪)
b0018885_4305425.jpg
女房の弟の子供、マウイとウィルマ。
故あって、可哀そうなことに母親とは一緒に暮らしていない。
日曜になると、兄弟三人で遊びに来る。

マウイは来年小学校の甘えん坊。ウィルマはなかなか賢く、小学2年生。

b0018885_4312818.jpg
小学4年のウィリアムが加わると、もうるさいのなんのって。
ボスのウィリアムは食べ盛り。食べ物さえあればご機嫌。
よく弟を泣かす。学校でもジャイアンなのだそうだ。
でも、普段はよく面倒をみる。

これに和夏が加わると・・・
今回は実現しなかったが、もう想像したくない。

b0018885_4323322.jpg
ASO(犬)のミゲールはおとなしい。
和夏が何をしようが相手にしない。大人だ。

by wakahiroo | 2008-06-09 12:07 | ○ラス・ピニャス通信
2008年 05月 22日

パンプローナの日々(その1)

ここでは、パンプーローナの日常生活を紹介していく。
サブテーマはバルコニーから見える風景
b0018885_1712794.jpg
バルコニーから見た朝焼け
午前6時頃起床。起きたら、まず鍵を開けてバルコニーに出るのが習慣になっている。
この光景から一日が始まる。


b0018885_1725692.jpg
バルコニーから見た夕焼け

b0018885_10555835.jpg
お昼の風景。
すぐ前の画像とほぼ同じ方角。

この家の老夫婦、ずっとカナダで働いていてリタイアし、悠々自適らしい。
言うなれば「カナダ・フィリピン行ったり来たり」だ。
マカティにコンビニを2軒、持っているとのこと。

b0018885_10572648.jpg
このバルコニーは我が家で一番気にいっている場所。
私の癒しの空間。
眺望のよさはなかなかのもの。


b0018885_10574917.jpg
広いだろ。
暑くなり過ぎるまで、午前中、ここで本を読んだり、パソコンを打ったりしている。
観葉植物をもう少し充実させたいね。

b0018885_1121378.jpg
朝食は午前7時頃。
毎日、女房とバルコニーで食べる。パンと珈琲と生野菜、果物が基本。
少し高いけれど、地場の野菜もおいしいよ。
今度、コーヒーメーカーとトースターを買っていってここに備える予定。

昼食、夕食は1階の食堂で食べる。

b0018885_1123643.jpg
夕焼けを背景に己の人生の落日を思いやる佐太郎
心なしか、寂しげやろ。

すべてのものに終わりがあるんさ。
潔く受け入れて、残された時間を楽しく過ごすのさ。

b0018885_9212255.jpg
朝早く生ゴミを隣りの空き地で焼却している。
生ゴミは週に一度しか収集にこない。どこの家でも見られる風景だ。

この土地の所有者は日本人とのこと。
しばらくは家を建てないでくれよ。眺望が悪くなる。そいつは困る。
家の反対側も空き地だが、こちらはイギリス在住のフィリピン人所有だという。
こちらは家を建ててもらっても全く構わない。

b0018885_922139.jpg
毎日、午前中に回ってくる魚屋さん
良い魚を買うには、トライシクルとジープニーに乗って、1時間以上かけてパレンケ(市場)に行かなくてはならない。
種類は少ないが、労せず新鮮な魚が手に入れられ、重宝だ。
他に早朝、少年達が売りにくるパン・デサール(小型の塩味だけのパン、出来立てだ)を時々買うかな。

後ろにいるのは、向いの家のメイドさん。
いつも顔を合わせるので、私の顔を見るとニコニコする。

ここのご主人は、30年以上、ドバイで働いて、リタイアしたばかりだ。暇をもてあましている。
後、来年大学を卒業する、末の息子がいるだけ。来年、やはりドバイに行くのだそうだ。
メイドさんの仕事はあまりない。主な仕事は、2匹のワンちゃんと数十羽いる鳥の世話。
奥さんや他の家族はドバイで暮らしている。
奥さんは「ドバイ・マニラ行ったり来たり」らしい。

b0018885_11643100.jpg
トライシクル(オートバイの横にサイドカーがついた乗り物)が時々通る。
バスやタクシーやジープニーの走るアラバン・サポーテ・ストリートまで12ペソ(約30円)。
歩いて10分くらいなので、私はあまり乗らない。歩いていないと、私の場合は歩けなくなりそうなんだ。

後ろの空き地にいるのは、向いのご主人が田舎(生まれ故郷)のマスバテ島(セブとミンドロの間)から連れてきた闘鶏用の鶏。
マスバテは強い鶏の産地とのこと。
暇なので、闘鶏を始めるのかも・・・
今度、連れていってもらおうか。
実を言うと、会えば挨拶をするくらいで、まだあまり親しくないんだ。
遠くの親戚より近くの他人だよね。気が合いそうな予感がするんだ。

朝、鬨(トキ)をつくる声が結構うるさい。
悪いと思ったのか、バギオに行ったとき、新鮮な野菜とストロベリージャムをお土産に持ってきてくれた。
私なんか、騒音と感じるよりは、むしろ懐かしい風情を感じ全然抵抗ないんだけどね。

b0018885_1172220.jpg
バルコニーから通り過ぎる人達を見ているのも面白い。
人知れず見下ろして、他人の秘密を覗きみるようで少しやましい気持ちを持つ健全な自分と、ピーピング・トム的な好奇心を満足させて喜んでいるいけない自分が共存しているんだ。
人間って、複雑やね。自分のことすらわからねえ。だから、面白いんだ。なかなか人間廃業できないんだ。

とにかく、フィリピンの普通の人達の生活が伝わってくる。

b0018885_9224255.jpg
愛犬ミゲールを散歩させる女房

b0018885_1175730.jpg
一度集中的な豪雨で前の道路が冠水した。
子供達はむしろ楽しんでいる。


by wakahiroo | 2008-05-22 11:49 | ○ラス・ピニャス通信