カテゴリ:○フィリピン点描( 15 )


2005年 01月 05日

フィリピンの花(bulaklak ng Pilipinas) その1

「フィリピンの花」と言っても、なにも特別な花ではない。
近隣を散歩するとき、路端や家々の垣根で、道すがら、目にする花である。
きっとフィリピンでごく普通の花なのだろう。

私は、元来、無粋な人間である。日本では花に関心を示したことはほとんどなく、ろくに花の名も知らない。ましてや、フィリピンの花の名前なんて、知るわけがない。

隠居ジイサンの定番は盆栽いじり。
家を手に入れたら、庭や垣根を花で飾ろうか
などと考えている。ハハ。
私にしては革命的に高尚な趣味になるんじゃないかな。

まずは、今回、アップした花の名を知らなくちゃ。聞いたり調べたりしてみるさ。
そのうち、フィリピンの花に詳しくなって薀蓄なんか語たり出したりして。
乞う、ご期待。

これは自信を持って言える事だが、ガッチャリアンを歩いていると、日本の町並みよりはるかに花影が多い。通りのそこここに色とりどりの花が咲き乱れている。
南国特有の気候も影響しているんだろうが、それだけじゃない気がする。
花を愛づる人には悪人が少ないよね。
これくらい花を愛するガッチャリアンの住人たち、優しい心の持ち主なんですよ。
フィリピン人の女房を持つ男のちょっと身びいきな発言でした。ハハハ。


b0018885_1025192.jpg


b0018885_12212683.jpg


b0018885_12243025.jpg


b0018885_12291750.jpg


b0018885_12334244.jpg
ガッチャリアンのごく一般的な通り。
よくわからないが、ガッチャリアンはフィリピンのミドルクラスの人たちが暮らすヴィレッジだと思う。のどかで暮らしやすそうじゃないかな。
実際、時間もゆっくり流れているような気がする。
「フィリピンは汚い」なんてイメージには、結びつかないでしょ。

by wakahiroo | 2005-01-05 14:30 | ○フィリピン点描
2004年 12月 19日

GRILL QUEEN

b0018885_1047292.jpg
Dr.A.Santos通りの Evacom の Bervil Market の前です。

旅になかなか行けそうもない。
言い訳がましいが、女房が仕事に忙しいのだ。

女房は、3ヶ月前から、フランチャイズのバーベーキュー店を始めたのだ。
バーベキューといえば、フィリピンではポピュラーな食べ物。
日本で例えると、ラーメンのフランチャズ店を始めたようなようなものだ。
狙いは悪くないと思う。
たかがバーベーキュー、されどバーベーキューなのである。

私はもう仕事をしようとしても体力的に無理だ。
残された時間を静かに楽しく過ごすだけだ。
でも、女房はまだ若く(といっても、40代後半なんですが)、これからバリバリ仕事をする気でいる。
女房は暴走するところがある。
私の務めはそういうとき、歯止めをかけることと心得ている。

一円も出資していない私は呑気なものだが、女房は軌道に乗せようと真剣である。
それでいて、結構、口先だけ出している。
そのうち、口を出すなら金を出せなんて、言ってきそうな気がする。ハハハ。

兄弟達に仕事がないと泣きつかれたのが発端のようだ。
「兄弟たちの給料が払えれば、それでいい」というところで始めたようだ。長女としての責任感なのかなあ。私に言わせれば、失業対策事業ってところだなあ。

実際、フランチャイズ料と家賃と光熱費と人件費を払って、初期投資を回収するのは、結構、厳しそうだ。現実はそんなに甘くない。
まあ、それでも、一生懸命営業努力をしている。本人は生き生きしている。
できる範囲で応援するさ。

昼食か夕食のどちらかは、お店の前のテーブルで食べていることが多い。
バーベキューは、客観的にみておいしいと思う。
でも、肉食を控えている私は、魚を焼いてもらったりして、別のものを食べている。
市場の前に位置しているので、いろいろな人が観察できて面白い。
フィリピンの庶民ウオッチイングには、とても良い場所だ。

今は、パスコ(クリスマス)で売り上げは伸びている。
さあて、この先、どうなることやら。
野次馬は、無責任に楽しんでいる。ハハハ。

b0018885_10512767.jpg真昼間からサンミゲールビールではなくて、隣りのお店のコーヒーを飲んでいる。
インスタント・コーヒーだぞ。
なぜか、ご機嫌だよね。
コーヒーは気分で飲むものさ。

b0018885_10532152.jpgいつも、このDr.A.Santos通りの車の流れを見ながら、ビールを飲んでいる。
排気ガスもなんのその。

b0018885_10552415.jpg市場の米屋。右の男性は隣りのお店のご主人。
背が高くて結構良い男なんだ。

b0018885_10565161.jpg隣りのお店の息子さんと猫。二人(一人と1匹か)とも、お友達。
この猫、変わった猫なんだ。
どういう風にかって。来ればわかるさ。


b0018885_1151193.jpg夜はこんな感じで~す。

by wakahiroo | 2004-12-19 19:59 | ○フィリピン点描
2004年 12月 18日

THE ORIGINAL DAMPA(その2)

ここでは、料理を紹介する。
b0018885_11132538.jpg
向かいの人は海老をむさぼり食べている。日本では高いから、なかなか食べられないんだよね。
敵討ちでもしている心境かな。
右下のグリーン・マンゴーもおいしいよ。アペタイザーかな。

b0018885_11151550.jpgシニガン・ナ・ヒポン
酸味のあるシニガンスープ、私は大好きだ。特に海老(ヒポン)のシニガンには目がない。


b0018885_11191291.jpgちょっと、しょうが醤油がほしいかな。
でも、トウユ(灯油じゃないよ、フィリピンの魚醤だ)にカラマンシーを入れたもの、ビニガーに赤唐辛子を入れたものにつけてもおいしいよ。

b0018885_11214267.jpgラプラプという魚
おいしいよ。
ラプラプってフィリピンの英雄の名前なんだ。
確か、マゼランと戦ったセブの部族の長だったかな。

b0018885_11224714.jpgなんといっても海老だよね。
女房に聞くと、日本では、1本200円はするんだと。

by wakahiroo | 2004-12-18 11:14 | ○フィリピン点描
2004年 12月 18日

THE ORIGINAL DAMPA(その1)

b0018885_1042632.jpg
ウインドウ越しに撮ったので、ちょっと見にくいかな。


THE ORIGINAL DAMPA
PAQRANAQUE FRESH FOOD 
MARKET AND IHAWーIHAW


この一角をDAMPAというのだろうか。
THE ORIGINAL DAMPA、ダンパの本拠という意味か。
そういえば、今日行ったBF Homesにも、BF DAMPAというのがあった。
 
とにかく、とても気にいった。
また、行きたくなった。
旨い、安い、落ち着ける。私の中では、文句なしだ。

とにかく、基本は魚介類を焼いただけなんだから、私たち、ハポン(日本人)の口に合う。
そこそこ、フィリピンの料理にあきたら、ここに来るさ。
醤油持参で。うーん、そりゃあ、ちょっと野暮かなあ。

システムは、次の通りである。

まず、市場に行って、海老でもイカでも魚でも貝でも、食べたい食材を買う。
それを周囲の好きなお店に持ち込む。
キログラムにつきいくらいくらで焼いてもらうのである。

シニガンスープとか、他の料理にすることもできる。
大きな海老のテンプラを食べていた人達もいた。
どんな料理があるか、詳しいことはわからない。
何度か通ってみるさ。

お客は、車で来ているフィリピン人の中流階級のグループが多いようだった。

値段は、女房とお腹いっぱい食べて、800ペソ(1600円)かからなかった。
3分の1ほど、食べ残したが、もちろん、包んでもらって、持ち帰った。

料理の方は別にアップしますね。
ほとんど焼いただけなんですが・・・

b0018885_11164441.jpg目印の看板
空港のすぐ近く
ラス・ピニャスへ行く途中にある。

b0018885_11205031.jpg市場までの道
突き当たりがマーケット
この道路の両側と奥の方にお店が並んでいる。
前を歩くおばさん、
私の愛する女房殿で~す。

b0018885_1127612.jpg市場内
まだ、撮影技術がなってないので、ちゃんと撮れていない。
研鑚、研鑚。

b0018885_1134463.jpg私たちの食べたお店
混んでいる店に入った。
基本だよね。
PAーIHAW(焼いてもらう)
PAーLUTO(料理してもらう)
という意味だそうです。


by wakahiroo | 2004-12-18 10:52 | ○フィリピン点描
2004年 12月 13日

朝食

b0018885_11454334.jpg
今朝の朝食を紹介する。
   パンデサール 2個
   マンゴ または パパイア
   コーヒー
現在、これが私の定番メニューである。
結構、健康的だと自分では思っている。
少しでも歩きやすくなるよう、体重を増やさないようにしている。

パンデサールは、小型のパンである。
おいしくて、あきがこない。
この前、1個1ペソだったものが、すこし大きくはなったものの1個2ペソになっていた。物価は確実に上がっている。フィリピンの庶民は大変だよな。

マンゴは1kg80ペソ、1kg6個あったから1個12ペソ(24円)くらい。
もちろん、日本の価格とj比較にならない。
それよりも、フィリピンのものは、日本のスーパーのものよりはるかにおいしいのだ。

マンゴ(フィリピンでは、マンガ)もパパイアも大好物。味にはうるさいんだ。
おもしろいことに、フィリピンの子供たちは、マンゴを食べていると寄ってくるが、パパイアには見向きもしない。
マンゴも確実に値上がっている。この前は確か1kg5、60ペソだった。

コーヒーは、以前、隣りのヴィレッジのスターバックスコーヒーで買ったもの。
これは日本の価格と変わりなかった。

by wakahiroo | 2004-12-13 11:17 | ○フィリピン点描