隠居生活☆東京・マニラ行ったり来たり

wakahiroo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:○フィリピンの植物( 4 )


2009年 09月 03日

バナナ

女房の妹の旦那が、家の裏のバナナの木(偽茎)の傍に生えていた幼い苗木のようなもの(次世代の株、専門的には吸芽というそうだ)を2本、株分けして、バルコニーのすぐ下に移しかえた。
日本に帰る直前だったから9か月前くらいだったな。まだ1メートルにも満たないひ弱な吸芽2本。
内心は枯れてしまうだろうと思っていた。あまり気にもとめていなかった。

ところが、9か月、過ぎて、マニラの家に帰ってみると、びっくりしたなあ、もう。
ご覧の通りの大きさよ。
バナナという植物の生命力の強さに感動しちゃったよ。

★3方向から見たバナナ★
b0018885_223091.jpg


b0018885_2242194.jpg


b0018885_225966.jpg


★9か月前のバナナの株★
b0018885_12375748.jpg
比較してくれよ。


ネットでバナナを調べると、「バナナはバショウ科バショウ属のうち、果実を食用とする品種群の総称。幾つかの原種から育種された多年草である」とある。
多年草ということは、木ではなくなく草なんだ。
幹に見える部分は偽茎といって、葉(葉鞘)が何枚も重なってできているんだってさ。

開花は一本の偽茎につき一回のみで開花後は株元から吸芽を出して枯れてしまうだそうだ。
今度、行ったときは写真の株はもうないんだ。周りの小さい吸芽が代わって生長しているんだな。

私と女房は、毎朝7時前にバルコニーで朝食をとる。
だから、決まった時間にサギンを定点観測することになる。やれ、大きくなったのだの、色が変わっただの、サギンが話題になることがあ多かった。
失礼。サギンというのは、フィリピノ語でバナナのことさ。

★バナナの実ができるまで★
b0018885_2261857.jpg
最初は蕾のようなものが偽茎から垂れ下がってくる。
女房はこれを花と言っていたけど、植物学的には違うみたいだ。でも、フィリピンの一般の人達の認識みたいだな。

b0018885_2271739.jpg
実際の花は、深紅色の苞葉の下の果脂の部分で、その果脂の一つ一つがバナナの1本1本に生長していくのだそうだ。

b0018885_231293.jpg
深紅色の苞葉は
下のバナナが大きくなるにつれ、一枚ずつ、落ちていく。
だから、上の方から立派なバナナの房が見えてくる。

b0018885_2321899.jpg
右下の黄色い部分が本当の花?

b0018885_233291.jpg
だんだん果段(バナナの房)が増えていく。

b0018885_2334787.jpg
先端の部分(雄果序)を、女房の弟が棒の先にナイフをつけて切り取った。
2個の収穫のうち、一個は自分でちゃっかり持ち帰った。

b0018885_2343028.jpg
2本のバナナに一つずつ大きな房がついていた。
女房は数えていた。一つにつきバナナ160本以上はあると喜んでいた。

b0018885_23508.jpg
雄果序を切り取った後の果房
食べごろは2、3カ月くらい後とのこと。残念ながら私と女房は食べられなかった。
毎日、見ていたバナナは、どんな味がしたのかな?
もったいなくて、涙が出たかも。

b0018885_2352938.jpg
バナナの雄果序
野菜として食べる。おいしいよ。味付けにもよるが、私は大好き。
何に似てるかって?
そうだなあ。もやしを細くした感じかな。

★日本に輸入されているバナナはフィリピン産の「ジャイアント・キャベンディッシュ」という品種が8割を占める。
★近年のバナナ輸入量は増加の傾向にあり、2005年は106.7万トン。
★フィリピンからの輸入の割合が高まっている。2005年の輸入先をみると、フィリピン88.5%、エクアドル8.5%、台湾が1.4%。
★バナナには、ナトリウムを排泄し、血圧を抑える効果のあるカリウムが豊富に含まれているため脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病の予防にも適している。


 ◆佐太郎の邪道短歌◆
幼き日 病(やまい)のときに 食うバナナ 甘くおいしく 魔法の果実
時を経て 大量輸入で 魔力消え そんなバナナと ジャレ飛ばす果に 
娘らが 食すバナナに 託す夢 肥満解消 精神(こころ)安らか
カリウムが 血圧降下に 効くという サタロー負けじに 一日一本


by wakahiroo | 2009-09-03 13:37 | ○フィリピンの植物
2009年 06月 17日

俺んちの蘭ちゃん

バクラランで蘭の鉢植えを二つ買っちゃった。
無意識に二鉢とも紫色を選んでいた。
品性が下劣な佐太郎、高貴な紫色に憧れるのは、コンプレックスの表れなんだろうな。

b0018885_4162769.jpg
こいつ、100ペソ(約200円:ペソを円に換算するときは、2倍すればだいたい合っている)もしたんだぜ。
この花の色は、バイオレットだな。
自信を持って言う。俺んちの蘭ちゃん、水谷んちの蘭ちゃんより綺麗だろ。

佐太郎、紫と赤とピンクが好きなんだ。
そうやなあ。
  精神は限りなく紫色で、行動は真紅に気合いを入れて、生活は桃色にほんわりと包まれて生きたい
と常々思っているのでさあ。

b0018885_4255424.jpg
こいつは80ペソ。ちょっと地味かなあ。こちらはパープルだよな。
店員の言い値は、両方の鉢とも150ペソだった。女房、辛抱強くここまでまけさせた。
佐太郎だとこうはいかない。外国人はなかなかまけてくれないし、途中で面倒臭くなってすぐ手を打ってしまう。したがって、わが家では、仕入担当は女房なんすよ。

b0018885_526844.jpg
花を愛でつつ、真昼間から酒を飲む佐太郎。
優雅っちゃ、優雅やろ。悲しみと表裏一体の優雅ってとこかな。
金はないけど、時間は有り余っている。
心の持ち方次第で、極楽、極楽なのでごわす。

b0018885_527011.jpg
どちらを取るかって。
もちろん、女房に決まってるだろ。
そりゃあ、愛しているからさ。
てなこと言って、本当は寝たきりになったら、世話してもらわなければならないからだろ。
逝くときは、神様、ぽっくり、いっきにで、お願いしますだ。

b0018885_5273223.jpg
この子も、1年前、やはりバクラランで買った蘭。しっかり生きているんさ。散っては咲き、散っては咲き、したんだそうだ。根腐れしなければ、花を咲かせ続けるみたいだ。
オイラも、もう一度くらい、花をつけたいなあ。
オイラの根っこ、もう腐りきってるか。
ああ、無情。

あの頃は純白に憧れていたのかなあ。
時がうつろえば、心も好みもうつろうって。
祇園精舎の鐘の声でさあ。

b0018885_164457100.jpg
上の画像は、女房の妹の旦那、ビトイが栽培している蘭。
始めは、何なのか、わからなかったんで、女房に聞いた。
  「これ、ナンなのよ?」
  「ランなのよ」
ちょっと、作っちゃったけど、だいたい、そんな感じ。
とにかく、蘭ってこんなところに咲かせるんだ。びっくりした。
反省。蘭についてまったく無知だったのだ。
東京に帰ってから、私が関心がある洋ランの方中心だけれど、ネットの蘭のサイトを見まくって、猛勉強中である。
蘭の世界は奥が深い。
大筋を理解するだけで、1週間くらいかかった。

ちょっと面白かったり、へぇ~って感じたりした点を箇条書きにしておこう。

●洋ランは、花の歴史の中では、ニューウェーブなんだぜ。今も、栽培技術や品種改良が進んでいるんだそうだ。

●「オーキッド」は、ギリシア語の「睾丸」を意味する単語が語源なのだそうだ。佐太郎、それを読んでうれしくなってしまった。ランの塊茎が睾丸に似ているかららしい。
が、佐太郎、もっと意味深いものを感じてしまうんだな。派手で色鮮やかで美しい蘭の花。扇情的でセクシーに見えてきてしまう。
美しいもの背後には毒が、、卑猥でまがまがしいものがお隠れになっているんでさあ。

●買った花の鉢に土がないのが不思議だった。花って土から生えているという思いこみがあった。鉢植えの蘭の栽培の場合は、ミズゴケや樹皮チップなどが用いられるだってさ。
佐太郎の中の既成観念が、あっさり打ち砕かれた。

●洋ランは着生植物となるものが主流なのだそうだ。洋ランと言えば、普通、樹木や岩場に根を張って生育する「着生ラン」を指し、地上に生えるものをわざわざ”地生ラン”と呼ぶほどだとか。

●蘭の名前は、舌を噛みそうなものが多い。例えば、胡蝶ランはファレノプシス。その他、有名どころで、シンビジューム、デンドロビウム、パフィオぺディラム、覚えやすいのは、カトレア、バンダなど。
とりあえずは、この辺の名前を覚え、花を見て区別がつくようになることでさあ。結構、ハードルが高い第一関門なんだ。蘭科の植物は原種だけで3万を超えるだそうだから、それ以上は成り行き次第なのさ。

蘭狂いより、生身の女性狂いの方が性にあってるかも・・・・、ハハハ。
相変わらず、佐太郎、アホやろ。

by wakahiroo | 2009-06-17 00:48 | ○フィリピンの植物
2008年 06月 04日

近隣の植物(その2)・草木編

■ココやし
南国の風景には、欠かせない木だね。
   ・ヤシ科ココヤシ属
   ・ヤシと言えば普通このココやしを指す。
   ・ポリネシアから熱帯アジアが原産とされ、世界中の熱帯で栽培されている。
   ・樹高は 20~30メートル。葉の長さは 5 メートルにもなる。
   ・枝分かれせずに直立した幹の頂部に、長さ5~7m程の羽状葉が螺旋状に群生する。
   ・非常に利用価値の高い植物である。
b0018885_11342238.jpg
黄色く熟したココナッツ
フィリピノ語では、熟した実はニヨッグ(niyog、)。ココやしはpuno ng niyog.
大きさは直径10~35cm、重さは最大4kgに達する。やや先がとがった楕円形。成熟するにつれ緑、黄、橙黄色となる。固い殻の内部の固形胚乳は料理に利用し、液状胚乳はそのまま飲用する。生水が危険な熱帯では非常に重宝。
液状胚乳(ココナッツジュース)、冷蔵庫で冷やして飲むとおいしいよ。

b0018885_11352325.jpg
上のやしの全体写真。
こんな立ち居姿で南国らしい風景を作り上げている。
真下は結構危険なんだろうね。落下するココナッツの直撃。
確率はとても低いんだろうが、杞憂なんても言ってられないよな。

b0018885_1136627.jpg
青いココナッツをつけたココやし
フィリピノ語で青い若い実はブコ(buko)。
ココナッツ・ジュースウは主に青い実から採れるのでブコ・ジュース。

b0018885_11364813.jpg
これはココやし以外の種類だと思う。
でも、姿形はなかなかのものだね。

■バナナ
ヴィレッジの空き地のそここにバナナが植えられている。
b0018885_18223146.jpg
バナナ林

バナナについて、少しおさらいしておこう。
バナナ(banana)
・バショウ科の多年草。食用品種群の総称。
・東南アジア原産。
・バナナは木ではなく草本である。野菜に分類される。
・高く伸びた茎のような部分は偽茎と呼ばれて、葉鞘が互いに抱き合ってできている。円柱状で直径10cm、高さ2~5mになる。
・偽茎の中心から花茎を伸ばしその先に花序を出して、赤紫の包葉に包まれた淡黄色の花をつける。
・果軸には7~10の果段があり、各段に十数個の果実をつける。
・熱帯では多くの種類が生育・栽培されている。果皮の色をとってみても、緑色、黄色、桃色、紫と多様である。
・生食用バナナの他に料理用バナナも栽培されいる。料理用バナナは生食用に比べて、デンプン、繊維質に富んでいてイモに近い感覚で調理される。
・果実だけではなく、バナナの花(蕾)も食用とする。


b0018885_1825974.jpg
バナナの果実がなっている。
このまま黄色に熟すると、芳香が辺りに広がる。とてもおいしいそうだが、そういうバナナを私はまだ食べたことがない。
そうじゃなくても、フィリピンで食べるバナナは、日本の輸入物よりはるかにおいしい。

今度、バナナの花を是非撮りたい。

■ジャックフルーツ
b0018885_18253960.jpg
たわわになったジャックフルーツ。
すぐ眼の前にぶら下がっている。不思議な光景だ。ある意味、奇観だよな。
袋がけは実を熟させるため。

ジャックフルーツ(jackfruit)
・和名はバラミツ、ハラミツ(波羅密)
・東南アジア、南アジア、アフリカ、ブラジルに広く生育。
・クワ科パンノキ属の常緑高木。20~30mの高さになる。
・原産地はインドからビルマあたり。
・巨大な果実が幹や太い枝に連なってぶら下がる。世界最大の果実とギネスブックに紹介されている。
・果実は長さ45~70cm、幅30~40cm、重さ30~50kgに達する。歪んだ円形から長楕円形で、熟すると強烈な甘い匂いを放つ。
・熟したものが果物として食べられる。その匂いから人によって好き嫌いが激しい。
・果実は巨大な集合果。果皮の内側には多くの小果が含まれている。この各小果に1個の種子が入っている。
・果肉や、種子周囲の仮種皮を生で食べる。とても甘くなんともいえない歯ごたえがある。強烈な芳香、濃い味、腹持ちの良さ、目の前にある膨大な果肉量。すぐにお腹いっぱいになってしまう。
・食べ頃は、果実が軟化し、表面からさわって少しブヨブヨしてきた頃である。その頃には独特の香りが強くなってくる。
・未熟な果実は、野菜として煮物などに使われる。
・種子は2~3cmほどのやや楕円形。これも焼く、または茹でることで食用にされる。ほこほこして、栗や芋の風味。
・実生から3年で果実をつけることもあるほど生長が早い。


■花の咲く木
木の名前が全くわからない。
今後の課題ということにしておいておくれ。
b0018885_1828731.jpg


b0018885_18263568.jpg


b0018885_1827296.jpg


b0018885_18284748.jpg


■その他の草木
これも今後の課題ね。
b0018885_18294629.jpg


b0018885_18302715.jpg


b0018885_1831935.jpg


by wakahiroo | 2008-06-04 08:25 | ○フィリピンの植物
2008年 05月 08日

近隣の植物(その1)・花編

よたよた歩き(散歩)の途中、折に触れて、フィリピンの家のあるヴィレッジの中に咲いている花を撮り続けた。日本の花でもよくわからない。熱帯の花など、なおさらだ。
何とか認識できたのはハイビスカスとブーゲンビリアかな。それとて、自信がない。
いずれにせよ、このカテゴリは、時間をかけて充実させていくつもりだ。

■ハイビスカス(Hibiscus)
b0018885_17574011.jpg
南国の花と言えば、突き抜けるような青い空を背景にした赤いハイビスカスをイメージする人が多いんじゃないかな。
でも、そのハイビスカス、呼び方、品種が多種多様で全体像をつかむのはとても難しい。

b0018885_17583658.jpg

□科・属名:アオイ科フヨウ(ハイビスカス)属
□原産地:不明。インド洋諸島、太平洋の島々、中国南部などの諸説がある。
□花言葉:常に新しい美、新しい恋、繊細な美、上品な美、勇敢
□花色:原色で鮮やか。赤、黄、白、ピンク、オレンジなど多様。中には、淡い色の可憐な花をつけるものもある。
□フィリピン名:ゴマメーラ

・アオイ科フヨウ属の熱帯性常緑低木の総称。一般的にはブッソウゲを指すことが多い。
・もともと雑種植物で変異に富み、近年ハワイでの交雑種を含めて呼ばれるようになった。
・さらには類似のフヨウ属植物を漠然と指すこともあり、とても複雑なアオイ科の園芸種群の総称ともなっている。観賞用の種や交配種が多数ある。
・フヨウ属は北半球の熱帯、亜熱帯、温帯に自生する。
・ハワイに持ち込まれてから広まった。摘んでもなかなかしおれないためレイ(花の首飾り)に使われている。
・ハワイ州の州花。マレーシアの国花。ネパールでは聖なる花として大切にされている。
・ハイビスカスは品種名が不明のものも多い。栽培の際は花色や花形などの好みのものを選ぶのがよい。


b0018885_950946.jpg
■ハイビスカスの基本種、ブッソウゲ(仏桑花、扶桑花)についてまとめておく。
・沖縄では、アカバナの名で親しまれ、雑草のように当たり前に見られる。
・極めて変異に富み、8000以上の園芸品種や雑種が知られている。
・一般的には高さ2~5mの熱帯性低木で、葉は広卵形、狭卵形、楕円形で先端は尖る。
・外国や沖縄の地植えのものは、3mくらいまで大きくなる。
・鉢植えのハイビスカスは高さ30cm程度のものが多い。
・花径5~15cmの鮮やかな色の大きな花をつける。
・花はらっぱ状または杯状に開き、花柱は突出する。花が垂れるもの、横向きのもの、上向きのものなど変化に富む。
・花は伸び出した新しい枝に咲く。
・通常一日花。朝開いた花は夜には閉じてしまう。


b0018885_9512174.jpg
これもハイビスカスだと思うが・・・違うかも。
とにかく、ハイビスカスは奥が深い。
次のウェッブ・サイトが参考になりそう。
  ハイビスカス・パラダイス


■ブーゲンビリア (Bougainvilleae)
□科・属名:オシロイバナ科ブーゲンビリア属
□原産地:中南米の熱帯雨林
□花言葉:情熱、あなたは魅力に満ちている。[魂の花とも呼ばれている]
□和名:イカダカズラ
つる性の低木。鋭くはないがトゲもある。花の色は鮮やかで美しい。赤、白、ピンク、マゼンタ(明るい赤紫)、紫、だいだい、黄と、変化に富んでいる。
b0018885_17383422.jpg
マゼンタのブーゲンビリア
色づいた花びらに見える部分は花を取り巻く葉(包葉)である。
実際の花はいわゆる花の中央部にある白い部分。よく見てね。
包葉は普通3枚か6枚。

b0018885_17592769.jpg
赤いブーゲンビリア
風景に溶け込んでいる。

b0018885_614339.jpg
白いブーゲンビリア。清楚で良いね。
斜め前の家の生垣。今度、栽培のノウ・ハウを聞いてみようか。

b0018885_624333.jpg
三種混合しての乱れ咲きやな。


■その他の花々
ヴィレッジの中には、他にも色鮮やかで魅力的な花が咲いていた。不思議な感じの花。印象的な花。ひっそりと咲く花。さまざまだ。
何はともあれ、まずは名前をつきとめなければ話にならないよな。
「南国に咲く花探検隊」結成だ。また、一人ぼっちなんだろうけどね。
が、何をしたらいいかわからない。今のところ手探り状態だ。
ネットで検索してみようか。図書館に行って植物図鑑を借りてこようか。熱帯植物園に行ってみようか。いろいろやってみるさ。
でも、一番大切なことはその魅力にどっぷりと浸ることなんだろうね。
b0018885_6293487.jpg
ウナズキヘリコニア
バショウ科、ペルー原産、比名:パラダイス

パーティの飾りつけみたいな花だな。綺麗だ。面白い。
我が家に一株、欲しいなあ。
b0018885_6282992.jpg
女房がこの花を見て「サギン・サギン」と言った。サギンとはフィリピノ語でバナナのこと。
本当だ。花芯の部分がまるでバナナだよな。
正式名称は何と言うんだ。

b0018885_6162178.jpg


b0018885_626054.jpg


b0018885_627556.jpg


b0018885_6322455.jpg
この花、街路際によく見られる。
ネット仲間の助言とネット・サーフィンにより、次のように私なりに結論を出した。

アデニウム・オベスム(Adenium obesum)
・またの名を「砂漠の薔薇(Desert rose )」と言う。
・キョウチクトウ科アデニウム属の常緑低木
・東アフリカに分布。というか、原産らしい。
・乾燥した土地に生え、太い幹に水を蓄える。
・高さは1.5~2メートルになる。
・アデ二ウムは自生地のひとつ、南イエメンの首都であるアデンに由来
・フィリピンでは、カラツチ(calachuchi)と呼ばれている。

・カラツチ=ブルメリアと説明している方もいたが、その辺が釈然としないかな。ひょっとすると、ブルメリア、アデニウムを含めてカラツチと呼んでいるのかもしれない。
・花言葉は「純な神経」とのこと。まさに佐太郎の内面を具現化した花なのだ。ハハハ。

この花、新木場の夢の島熱帯植物館にあるそうだ。


by wakahiroo | 2008-05-08 18:00 | ○フィリピンの植物