隠居生活☆東京・マニラ行ったり来たり

wakahiroo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 06月 22日

「横浜コトブキ・フィリピーノ」と我が青春

「横浜コトブキ・フィリピーノ」
(出版社) 現代書館 2000円+税 
(お薦め度)*****
ごめん。書評を書くつもりだったのに、途中で我が青春の回想談になってしもうた。
b0018885_7405046.jpg


いい本に出会った。
フィリピン関係の本をマニラで読もうと、神田の本屋で何の期待もせずに購入した数冊の本の一冊。
神様は気まぐれだ。ときには願ってもない最高の出会いを演出してくださる。

男女の出会いは異なもの味なもの。
ロマンスを夢みて私の王子様と期待して近づいたのに、残酷に裏切られ最低の仕打ちを受けることも多い。たまさか居合わせて顔見知りになり第一印象が最悪だったのに、いつの間にか魅かれ合い生涯を寄り添う伴侶となっているなんてこともある。
出会いなんてそんなもの。
人為的出会いは邪念と欲望に裏打ちされている。偶然の出会いは不純な下心とは無縁。それだけに無上の喜び、予想外の高みへと導かれることがよくある。
この本との出会いはそんなところ。
本との出会いも異なもの味なものなのだ。

いろいろな意味で考えさせられる本だ。
家族という幻想について、意のままに踊らぬ人生について、人の運命の不思議について・・・
作者レイ・ベントゥ-ラの日本との出会いも決して好ましいものではなかった。
マルコス政治の強権から逃げ出してきた元コミュニスト。海外逃亡者がそのまま不法滞在の出稼ぎ労働者となって横浜寿町に隠れ棲む。
立ちんぼとして日雇い労働。日本の繁栄から取り残された必要悪、社会の安全弁の街コトブキ。不法滞在者には優しく住みやすかったようだ。その間に日本女性と知り合い、やがてフィリピンで結婚。そんな逆境でも、ジャーナリストとしての夢を持ち続け、地道に力を蓄えていく。
いつしかコトブキは作者の第二の故郷、いや原点になっていく。


「寄せ場」「立ちんぼ」という言葉を聞くと、私はほろ苦い懐旧の情にかられる。
この本の副題は「into the Country of Standing Man」。立ちんぼがStanding Manかい。横浜コトブキがthe Country of Standing Manかい。思わず微苦笑してしまう。

ところで、「立ちんぼ」っていう言葉、知ってるかい?
日雇い労働者の集まる寄せ場(臨時の私設職業紹介所みたいなものじゃい)で立ちながら、手配師が建設現場の仕事を紹介してくれるのを待っているんだ。立ちんぼは、その日の仕事の口がかかるのを「じっと立ち尽くして」忍耐強く待っているのさ。だから、立ちんぼ。
仕事がなければ、それ切りさ。

二十代の約二年間、私は断続的ながら立ちんぼをやっていた。
私が通ったのは高田馬場にあったマイナーな寄せ場。新宿の盛り場、歌舞伎町からも歩いて行けた。早朝、JR高田馬場駅の南口近くの公園前に立っていると声をかけられる。マイクロバスに乗せられ首都圏各地の建設現場に出向き、日雇いの肉体労働を提供して日銭を稼いでいた。週数回、気が向いたときだけ出かけた。若かったし景気もよかったし、仕事にあぶれることはまずなかった。ゲンバの仕事が終われば、金がなくなるまで全くの自由人でいることができる。厳しい労働にストイックなまでに打ち込み、それまで経験したことのない充実感を味わったものだ。お陰で、デスクワークしかできない「頭でっかちの軟弱野郎」というコンプレックスを解消することができた。ただし、基本的には甘えがあったと言っていい。いつ止めても生活はなんとかなるという逃げ場があったからだ。日雇い仕事がずっと続くという境遇だったなら早々とつぶれていたろう。
でも、見方を変えれば、もっとも贅沢な時期を過ごしていたのかもしれない。昨今のフリーターの元祖だった。まだ明けやらぬ早朝、白い息を吐いて公園前の路上にたたずみ、手配師が声をかけてくるのを、今日はどんな仕事がまわってくるかという期待と不安ではりつめた気持ちで待つ。マイクロバスに乗り込みゲンバに向かう。穴掘り、資材搬入、高所での作業、片付けなどなど、仕事は種種雑多。危険な仕事、半端でない仕事も多かった。が、肉体はむしろ苛め抜かれることを歓んでいた。疲れて張った筋肉に残っている働いたという実感。今日も頑張ったという陶酔感。おいしい酒が飲めた。おいしい飯も食えた。仕事がら体力もつき気も荒くなっており喧嘩もよくした。酒もよく飲んだが、本もよく読んだ。映画もよく見た。肉体と精神のバランスがうまく取れていた黄金の日々。

ところで、なぜ立ちんぼだったのかって。
よくぞ聞いてくれた。その頃の自分を弁護しよう。
若い頃の私は、アナキストを気取り、あらゆる権力、権威を否定していた。絶対的な自由を夢想していた。無邪気なものさ。時代的風潮もあり、新左翼シンパでもあった。エンゲルスの著作に影響を受け、新左翼系雑誌・書籍をむさぼり読み、過激派にも憧れる。
が、軟弱なデモに参加するくらいが関の山。積極的に武装闘争に入っていく根性はなかった。慎重だった。それほどの馬鹿でもなかった。
参加していても逃走したろうな。アナキストは過激派内部の権力にも否定的なんだ。
ハイジャック、銀行強盗と闘争はいっそう先鋭化する。違うなと本能的に感じた。これは破綻すると確信した。
違う。違う。違う。
民衆の次元にまで下りろ。弱者の立場を感じ取れ。大衆の目線でものを見ろ。闘いとは地道なもの、突出することではない。そう考えるようになっていた。
成田闘争のデモにも行った。新宿騒乱で石も投げた。
しかし、こんなことで社会が変わるとは到底思えなかった。
一過性の自己満足、むなしい自慰的行為。反抗期の未熟な青二才のやること。そう客観視できるほど、冷静でしらけていた。
底辺労働をしたことがないインテリがプロレタリーアートを語るのはおかしい。激しい肉体労働もせず、共産主義をアジるのも、労働者の味方面するのもおかしい。

振り上げたこぶしをどう収めるか。青い自分とどう決別するか。夢中になったゲームから降りるには、それなりの理由が必要だった。
敗北者、落伍者、負け犬という言葉がちらついた。
それでも良いと思ったもののできれば避けたかった。
頭の中で育んでいた思想のようなものを捨て去る道を模索していた。胸の中でくすぶり噴火したがっているパッションをなだめる着地点を見出したかった。

新しい方向に踏み出すための猶予期間が欲しかった。
アジアの辺境を一人旅してみることにした。
まとまった金を稼がなければならない。
友人と一緒に飯場に入った。そこで、肉体労働に目覚めていく。
これだ! 
己の闘いは、敵の末端と暴力で渡り合うことではない。肉体を酷使し自分を変えていくことだ。
社会の底辺で重労働に没頭して男になるんだ。免罪符になると思った。
今思うに、かなりの単細胞だったようだ。
でも、その頃の私には必然かつ必要な過程だった。

とにかく、私は立ちんぼからたくさんのものを学んだ。
その点はレイ・ベントゥ-ラと同じだ。レイは、コトブキからの視点で世界を見ること学び、ジャーナリストとしての基盤を築いた。定職を持ち決まった収入を得ることよりも、自由な表現者であることを優先する。安直な道を拒絶して自分の夢を追い続ける。なかなかできることではない。

私が、作者に共感以上のものを抱くのも理解できるやろ。
似たような人生の軌跡をたどっててきた。
立ちんぼとして厳しい肉体労働の体験。未熟な左翼的思想とそれからの決別。日比の国際結婚と日比混血の子供の誕生。
こう並べてみると、本当に共通点が多いだろ。
この本は私のノスタルジーを駆り立てる。私の青春をプレイバックさせる。
作者との一番大きな違い。文章を書いていないことだな。
だから、私の残された時間を日曜作家として遊んでやろうってわけさ。

私はしかつめらしい文章や議論が嫌いだ。
その点、この本は私の感性に合っている。ノンフィクションでありながらフィクションのように読める。実在の人物を追った記録、ノンフィクションでありながら、詩的・文学的な表現もそこここに見られる。訳者の功績も大なのであろうが、レイは文学的巧みな描写を駆使するしなやな表現者でもある。
この本はノンフィクションではあるが、優れた「出会いと別れの物語」にもなっている。


ディアスポラ(離散)は、現在、フィリピン人の抱える大きな問題である。
この本は出稼ぎ国家フィリピンの一側面、家族の離散・崩壊を様々な形で見せつける。
独身のふりをして日本でも家族を作る浮気性の男、フィリピーノらしいフィリピーノ。家族の写真と宗教画を心の拠り所に生きるホームレス同然の男。病をかかえ傷心帰国するの男。仕送り以外に興味を示さない薄情な女などなど。ままならぬ方向に転がり出す運命。愛する家族との別れ。新たなる家族との遭遇。家族の絆を保持することの難しさ。
「人生~、さまざま~」と歌いたくなる。時間と空間を遠く隔てて生活する男と女の哀歓をしみじみと伝えてくる。
出稼ぎのフィリピン人は、一人一人、それぞれの国でそれぞれの物語を作り上げているんだ。

世界中に離散したフィリピン人が多数存在することは出稼ぎ国家の宿命。
今ののところ、それはディメリット。
でも、私はフィリピンの現状にあまり悲観していない。
短所は長所なり。
世界中にフィリピン人がいることがメリットになる時代が来るような気がしてならない。
時代は確実に変わっていくさ。

フィリピン国内でフィリピン人が満足な仕事に就ける時代が来ることを、出稼ぎ国家から抜け出せる時代が来ることを切に願ってやまない。

by wakahiroo | 2008-06-22 08:01 | ★フォト・エッセイ


<< フィリピンの和夏(その3)      パンプローナの日々(その2) >>