隠居生活☆東京・マニラ行ったり来たり

wakahiroo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 04月 05日

マニラよたよた歩き「タフト・アーべニュー完歩」

b0018885_14251248.jpg
LRTペドロ・ヒル駅より、タフト・アーべニューを写す。

隠居人は暇だ。することない。
できるだけ金をかけずにすることを探す。

同じ暇人の、私のラス・ピニャスの友人の一人は、毎日、決まった時間にビンゴに興じている。
私も、先日、パンプローナのスターモールというところでおつきあいさせていただいたけれども、パチンコ同様、あんまり性にあってそう
もない。
これでも、倒れる前は、ジョギングと山歩きとダイビングを趣味とするワイルド系の行動派だったんだ。
誰だい、「嘘つけ。ワルイド系だったんだろ」なんて言うのは。ノーコメントだな。
今は、見るも無惨なよたよた歩きのこのザマよ。落ち込みは克服したものの時々はぶり返す。
今は元気な貴方、同情しなくていいんだぜ。100%確実に、私の置かれているのと似たような状況が君にも何時の日かやってくるんだから。
それまで十分に好きなことをして愉しんでおけや。明日も確実に生きているなんて保証は全くないんだぜ。


b0018885_14305282.jpg
ユナイテッド・ネーション・アーべニューにあるカジノ。
このカジノに、一度、女房と行こうと思っている。
ここにもビンゴ場はあるようだ。


それに、このビンゴ、やり方によっては結構お金もかかりそうだ。
ビンゴって、どんなギャンブルか、知ってるかい。
私には懐かしい言葉だった。
昔、新宿にもあったんだよな。三越に行く途中の東口を出てすぐのところ。
20代の頃、2,3度、やったことがある。
縦か横か斜めに数字がそろえば、「ビンゴ!」と声をあげる。
スターモールでやったビンゴは、そのときのものよりずっと複雑だった。
ルールを理解するまでには、4、5回、通わなければ駄目かなあ。
若い人からお年寄りまで幅の広い年代の人がきていた。女性の方が多かったかな。
聴力と視力の落ちてきた私には、長時間やるのはかなりきつそうだ。
こいつはやっぱりパスだ。


b0018885_14335098.jpg
バスもジープニーも、基本的には客の好きなところで乗降する。
これが交通渋滞の原因として、批判され、自覚はされているんだけれども、一度出来上がった社会的システムはそう簡単には崩せない。
それで生活している人も大勢いるのだし・・


ゴルフもビリヤードもボールルーム・ダンスも体力的に無理。ビンゴも向いていない。
俺は何をすればいいんだ。考えた。
ウォーキング、歩くことが暇つぶしと体力保持にはやっぱり一番か。
ふと、脳裏をよぎる。
そうだ、タフト・アーべニューを歩いちゃおう。単なる思い付きだった。
おそらく、あんな汚くて排気ガスに満ちた路を歩いてどんな意味があるのか、というところが大方の反応だろう。
意味なんかないさ。
実際、汚くて、変化に乏しくて、ほとんど目を和ませるもののないデコボコ道を歩いていて、俺はいったい何をして
いるんだろう、と何度も思ったさ。
だども、佐太郎は哲学的なんだな。
無意味の連続、それ自体に意味があるのさ。
考えてみれば、人生も無意味の連続、無意味の集積体じゃねえのか。そうさ、人生と同じ程度に意味があるんさ。

殺風景で孤独な道程をつらい思いにじっと耐えながら、ひたすらテクテクと歩き続ける。
つらくて面白くない人生の日常の追体験じゃねえか、これは。
どこかしら雲水の行脚の気分やったな。墨染めの衣にすべきだったな。

えっ、俺の人生、お前と違ってもっと優雅だって。
そうかい、そうかい、そいつはお見それしやした。



b0018885_1437792.jpg
LRTペドロ・ヒル駅より降りてくる人達。
この辺は大学が多く、学生っぽい人が多い。
汚いやろ。それだけでなく、駅周辺は小便臭いんだ。
夜、男共が立ちションするんだよな。
公衆トイレなんてないから仕方ないといえば仕方ないんだけど。
佐太郎は慣れちゃった。我慢できなくなって自らも実行したときもあるので、批判などできない。
女の子は眉をひそめ、鼻を押さえて通っていく。
街から小便臭さがなくなるのは、何時の日になることやら。
小便臭さがなくなるのと、ジープニーがなくなるのは、どっちが先かな?
佐太郎は、もちろん、前者が先と考えるやな。


タフト・アーべニュー完歩になにがしかの意味を持たせていけないかい。
まあ、隠居人の道楽としては上等よ。
わかんねえぞ。一見、無意味なことをしているうちに、思わぬ発見、期待せぬ収穫があったりするものさ。
さすが、一日で歩くのは、よたよた歩きの今の佐太郎には体力的にも精神的にも無理がある。
何日かに小分けにして歩くことにした。

その日、歩き始める地点までの移動手段はLRTが最適だとわかった。
そうだよなあ。LRTはタフト・アーべニューに沿って走っているんだものな。
LRTには一度も乗ったことがなかった。
そらそら、早速の副産物だ。

嬉嬉として女の尻(ケツ)を追いまわすのも人生。血眼になって銭ッコを掻き集めるのも人生。
自分というものを持たずに世間の目だけを気にして虚栄心を満足させて暮らすのも人生。
悪魔に魂を売るようなことをしてまで地位と名誉を追い求めるのも、これまた人生。
人はそこに意味があると思うから意味を持つんだろう、人の世ってやつは。


b0018885_14421067.jpg
こんな悪路が延々と続く。健常者でもきついでえ。
ジェネラル・マルバール付近。
 

b0018885_14442440.jpg
こんな穴ぽこもいたるところ。
笑っちゃうだろ。


ヒネクレ者の佐太郎。人と同じことするのが大嫌いだ。
つまらないこと、くだらないことでも、人がやらないようなことをしたがる。
「人の行く裏に道あり花の山」なのさ。
「吹けば飛ぶような将棋の駒にかけた命を笑えば笑え~」って、心境だな。今度、カラオケで歌ってやるよ。

女房は悪路を心配して反対した。そして、あきらめた。
四半世紀もつきあっているんだもんな、偏屈ジジイの性格、わかっている。
私の場合はでこぼこにつまづいて、骨折などの大怪我をする確率も高いよな。
実際、何度もヒヤッとした。

じゃあ、何故、歩く?
そこにタフト・アーべニューがあるからさ。
そこに悪路があるからさ。
模範的な回答だべ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、いよいよ、お散歩開始!!
◎お散歩(第1日)
ナックピル~タフト・アーべニュー(お散歩)~LRTヴィトクルス駅~オカンポ・ストリート(お散歩)~マビニ・ストリート(お散歩)
途中、ハリソン・プラザのコーヒーショップ「フィガーロ」で珈琲を飲む(65ペソ)。
b0018885_13422987.jpg
LRTキリノ(QURINO)駅とLRTヴィトクルス(VITO CRUZ)駅の間のタフト・アーべニューの光景

◎お散歩(第2日)
マリア・オロッサ~サン・アンドレス~LRTキリノ駅→(電車、12ペソ)→LRTヴィトクルス駅~タフト・アーべニュー(お散歩)~LRTヒル・プヤット駅~ヒル・プヤット・アーべニュー(お散歩)→ハリソン・ストリートでジープニーに乗る(7ペソ)。
ジープニーに乗る前、セブン・イレブンでパイナップル・ジュース(8ペソ)
b0018885_13473782.jpg
LRTヒル・プヤット(GIL PUYAT)駅のプラット・ホームから撮ったヒル・プヤット・アーべニュー(ベンディア・アーべニュー)

◎お散歩(第3日)
ナックピル~タフト・アーべニュー(お散歩)~LRTペドロ・ヒル駅→(電車、12ペソ)→LRTヒル・プヤット駅~タフト・アーべニュー(お散歩)~LRTリベルタッッド駅~リベルタッド・ストリート(お散歩)→ハリソン・ストリートでジープニーに乗る(7ペソ)。
b0018885_13562491.jpg
LRTヒル・プヤット駅を過ぎるとタフト・アーべニューの交通量は極単に少なくなり、ご覧のような、生活ののんびりした情景が見られる。

b0018885_13585537.jpg
リベルタッド・ストリート。賑やかだけど、雑然としている。

◎お散歩(第4日)
ナックピル~マリア・オロッサ~サン・アンドレス~LRTキリノ駅→(電車、12ペソ)→LRTリベルタッッド駅~タフト・アーべニュー(お散歩)~LRTエドサ駅~エドサ(お散歩)→ハリソン・ストリートでジープニーに乗る(7ペソ)。
b0018885_1434040.jpg
LRTリベルタッッド(LIBELTAD)駅からエドサ(EDSA)方向のタフト・アーべニューの右側には、リベルタッッドの市場が広がっている。
交通量はさらに少なくなっている。
市場は一人では奥の方に入って行くのがためらわれる雰囲気だ。
 

b0018885_1462082.jpg
タフト・アーべニューの南端はここエドサ駅付近だろう。人によってはバクラランまでと言うかもしれないが、一応エドサまでにしておく。

◎お散歩(第5日)
ナックピル~タフト・アーべニュー(お散歩)~LRTペドロ・ヒル駅~タフト・アーべニュー(お散歩)~LRTユナイテッド・ネーション駅~ユナイテッド・ネーション・アーべニュー(お散歩)~マリア・オロッサ・ストリート~ファウラ・ストリート~アドリアティコ
今日は、LRTに一度も乗らなかった。
b0018885_14103917.jpg
ナックピルからペドロ・ヒルにかけてのタフト・アーべニューの東側には、PHILIPPINE WOMEN'S UNIVERSITY と PHILIPPINE CHRISTIAN UNIVERSITY がある。
制服姿の学生が見られる。
 

b0018885_14165125.jpg
左側は、PHILIPPINE GENERAL HOSPITAL。バスはファウラ・ストリートを通っている。ファウラを左にしばらく行けば、UPマニラ、最高裁判所、ロビンソン・プレースなど。
この辺は佐太郎の朝の散歩コースの一つ。


◎お散歩(第6日)
アドリアティコ~ファウラ~マリア・オロッサ~カラウ・アーべニュー~LRTユナイテッド・ネーション駅~タフト・アーべニュー(お散歩)~リサール・パークの北東の角、フィナンス・ロード
b0018885_14232059.jpg
タフト・アーべニューとカラウ(KALAW)・アーべニューの交わるところ。
カラウ・アーべニューの北側には、リサール・パークが広がっている。


b0018885_14261538.jpg
タフト・アーべニューの北端はこの辺、ファイナンス(FINANCE)・ロードかな。
このもう少し向こうにはイントラムロスの東側の入り口がある。



とにかく、タフト・アーべニュー完歩!!  拍手!!
で、何を得たかって?
うーん、ちょっとした悪路を見ても、しりごまない、ひるまない心かな。
そんなもんで良いべさ。

by wakahiroo | 2007-04-05 14:27 | ○マニラよたよた歩き


<< パンプローナの家の改修完了(その2)      マニラよたよた歩き「歩け!歩け... >>