隠居生活☆東京・マニラ行ったり来たり

wakahiroo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 10月 28日

面白くて軽い男

b0018885_10532524.jpg
ココスのボーイ、ロミオは、地元マラテ出身の26歳。昔、かなり遊んだ口らしい。
とても面白いキャラの持ち主である。
見ていると、踊りながら巧みな口上で客をテーブルに誘導する。
こういう仕事って、元遊び人の方が向いているのかな。
軽さだけが信条の調子の良い憎めない男。日本の盛り場にもいる、いる。
結構もてるんだよな。
面白いから女達もついつい惹かれる。
軽さではメシは食えないから、女達は次々逃げていく。
ロミオもその典型。
結婚はしたことがないが、ロミオには二人の子がいる。
最初の子は、2歳の女の子。女性は、ロミオに愛想をつかし、子を連れてアメリカ兵のもとに走ったんだと。
早い話がロミオ、捨てられたのさ。
先日、その女がアメリカに行くというので、子供を見せにココスまできていた。
結構、未練ありげにも見えた。
そして、落ち着いたら、アメリカに呼んでもらう約束をしたんだと。
軽いだろ。何を考えているんだろな、この男。
今度はアメリカ兵の方が捨てられるのかな。
実現したりして・・・・

b0018885_10542121.jpg
「二人の子がいる」とさっき表現したけど、これはロミオの言葉を借りただけで、正確な表現でないかもしれない。
二人目は、新しい彼女のお腹にいるのだ。12月に出産予定なんだと。
佐太郎、柄にもなく、アドバイスをしちゃった。
「ロミオ、アメリカに行くなどと夢のようなことを考えないで、今いるジュリエットをまずは大切にしろよ!」
これって、ロミオ的な生き方と相反するよな。余計なお世話だったかな。
でも、ロミオ、殊勝なことを言っていた。
生まれてくる子の為にも、今のお店でしっかり働くんだと。
果たして・・・

b0018885_883585.jpg
車道にせり出したテーブルと客引きをしているロミオ
後ろの席でオレンジ色の服を着ているのが女房。

腰が低くて、世話好きで、良い奴だ。
多分、浅いつきあいでは、なんて条件がつくかも知れないが。

日本からもっていったワインをココスのテーブルでみんなで飲もうとした。
栓抜きがない。と、ロミオ、やおら、ボトルを持って、斜め前のビルに駆け込み、栓をぬいてきた。さすが、地元出身の遊び人。顔が広い。
知っていると、便利で、結構結頼りになるぜ。

by wakahiroo | 2006-10-28 08:48 | ○マラテ迷宮案内


<< 路上ディスコ      煙草を売る少女 >>