隠居生活☆東京・マニラ行ったり来たり

wakahiroo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 07月 13日

プエルト・ガレラ旅行記「老人達と海」(その3)

ここでは、エル・ガレオンでの爺さん達の日々について、主にレポートする。

b0018885_13364391.jpg
朝早くエル・ガレオンの入り口立つ武部君
旅行の間中、好奇心旺盛。気さくで誰にでも気軽に声をかける。
皆の潤滑油の役割を果たしていた。

b0018885_13384093.jpg
朝、掃除をしている従業員からホースを取り上げ、自分で掃除をし始める内沢君
従業員はあっけにとられて困惑気味。
相変わらず、ちょっと強引でやんちゃなところは健在なり。

b0018885_1344835.jpg
海へ出発前、エル・ガレオンのレストランで談笑する元若者達
b0018885_13455170.jpg
夕食前、エル・ガレオンの潮風の吹きぬけるレストランで記念撮影


b0018885_13502278.jpg
武部君と内沢君
ター坊、疲れ気味?、飲みすぎ?

b0018885_1351921.jpg
山成君と内沢君
二人とも大分ヤケタなあ。
直射日光の強さは半端じゃない。

b0018885_13515682.jpg
武部君と佐渡君の女房



b0018885_13553485.jpg
山成君とお気に入りのウエイトレスさんのツーショット
山成君、横顔がきれいだとさかんに言っていた。
26歳、一人の子持ちだそうだ。
手をかけそうでかけないところが山成君の紳士たるところ?

b0018885_13564446.jpg
佐渡君、岩場でバーベキューをしたとき、足の筋を違えてしまって歩行が困難になった。
そこで、夕方、マッサージを受けることにした。
おばさんじゃなくて女房に若くて可愛い子とリクエストすると、どうもその通り、言ってくれたらしい。
やってきたのがこの子、メイ二ン、18歳。マニラの子。来週、久し振りに家族のところに帰るとうれしそうに話していた。
こんな若い子がくるなんて日本では考えられない。やっぱり仕事がないんだなあ。
来たときは、マッサージ技術に不安を感じたが、なんのなんの、力が強くてなかなかのものだった。
昔はジェラシーが強くてほとほと手を焼いたが、最近は大目に見てくれるようになったかな。ハハハ。


朝の散歩
老人達は朝が早い。散歩は日課だった。
b0018885_1401266.jpg
ビッグ・ラ・ラグナの朝の浜辺を散策する井口君と武部君


b0018885_1411672.jpg
ビッグ・ラ・ラグナの早朝の海

b0018885_1421376.jpg
朝の散歩中の内沢君
スモール・ラ・ラクナとサバンの境の岸壁にて。
いくら飲んでいても朝は元気。
その超人振りが羨ましかった。

b0018885_144677.jpg
<朝の散歩の途中、サバンの「ビッグ・アップル」というビーチリゾートの2階のテラスで朝の海を眺めながら珈琲を飲む。
下の階はベンダーが声をかけてきてうるさい。


スコットランド娘・ジェニファー
b0018885_14115330.jpg
プールサイド風景
生後18ヶ月のジェニファーはたちまち爺さん達のアイドルになった。


b0018885_1412514.jpg
武部君とジェニファー
始めて抱いたスコットランド娘は固太りでずっしりと重量感があったとか・・・

b0018885_14134772.jpg
スパッゲティの朝食中のジェニファー
ジェニファーの両親はスコットランド人のパイロット。
昼は子供をベビーシッターに預けて自分達はダイビングに繰り出している。
休暇を大切にするヨーロピアン事情が伝わってくるよな。

b0018885_14143179.jpg
佐渡君の女房とジェニファー
佐渡君も女房も、ジェニファーを見ると、孫娘のことを思い出した。
ちょうど、同じ位の年齢なのだ。



プエルト・ガレラの子供達
b0018885_14245894.jpg
浜辺の登校風景(1)
犬がいて自然が豊かで長閑で・・・
情操教育には最高だよね。
可愛い子だよね。

b0018885_142551100.jpg
浜辺の登校風景(2)
家が同方向だった、佐渡君と武部君と井口君は多分こんな感じで通っていたんだろうな

b0018885_14262696.jpg
<エル・ガレオンのすぐ横の渚で水遊びをする少女。
なんとも野性的な魅力。
日本の都会の少女とは対極にあるよな。
br clear=all>

レストラン「タマリンド」
プエルト・ガレラは、日本の旅行会社のルートから外れているのだろう。日本人観光客が少ない。
ヨーロピアンと韓国人が主流だ。
日本語が聞こえてくると、むしろびっくりする。
このサバンビーチ沿いのレストラン「タマリンド」で遭った日本人3人が私たちがプエルト・ガレラであった日本人のすべてであった。
b0018885_14332470.jpg
山成君と内沢君

b0018885_14342781.jpg
内沢君と井口君

b0018885_14351172.jpg
佐渡夫妻と武部君
佐渡夫婦は喧嘩もよくしたけど結構仲がいいんですよ。


b0018885_1436025.jpg
食事が出てくるまでまた馬鹿話。
バックの夕暮れの海もいいでしょう。

b0018885_14385248.jpg
金沢のスーパー熟年、スガタさんと武部君
スガタさん、私達と一回り違いで酉年というから、74歳近く。
それでいて、40キロのダイビング器材を持参して一人旅を続けている。
皆、驚嘆し、勇気を頂く。こんな生きた教材を見てしまうと歳をとったなどとほざいていられないよな。
私も、病気をして最近気弱になっていたが、ちょっと恥ずかしくなる。

b0018885_14401993.jpg
スガタさんを囲んで記念写真
右後ろのお二人は、マニラの日本人学校の先生とそのご友人。


その他諸々
b0018885_14445655.jpg
サバンのメインストリートの犬達
日本の管理された犬事情からは考えられない。
とても人懐っこい。多分、野良犬じゃないぜ。
私の子供の頃は日本でもこういう犬が町内をうろついていた。
とても懐かしい気持ちになった。
犬としても幸せな状態のような気がするが、どうだろう。

b0018885_14455517.jpg
サバンのホテル・トロピカルにあった手動式エレベーター?
荷物搬送用?それとも、ちょっとしたジョーク?


b0018885_14463558.jpg
エル・ガレオン専用の船着場
エル。ガレオンのバーから撮影

b0018885_14472427.jpg
山成君、ホテルの都合で、最終日、ラッキーなことに60ドルの部屋に移らされた。
ここで(通称、ヤマネコテージ)最後の夜、フェアウエル・パーティが行われた。
酒はサバンの町で買った、スガタさんに奨められた確か60ペソのラム酒。
一緒に買ったコーラの方が高かった。
佐渡君、疲れて、先にオネム。



最終日・マニラ
b0018885_145604.jpg
日本に帰る前日はマニラに宿泊。
マラテペンションに予約を入れていなかったら、一杯で泊まれなかった。
仕方なく、近くの「ホステル1632」というところに宿泊。
なんだか雰囲気のないホテルだった。
近くの中華料理店で夕食を取る。
その後、内沢君達はホテルでまたラム酒を飲んだようだ。
もつきあいきれないべさ。

b0018885_14573212.jpg
マニラ湾沿いのベイ・ウオークを散策中、プエルト・ガレラのレストランで話をしたドイツ人親子に再会した。

b0018885_14582714.jpg
マニラ湾の前の広場のなんだか知らない像の前で記念撮影
さあ、皆さんはフィリピンともお別れ。
佐渡君は長くなるけど・・・


by wakahiroo | 2006-07-13 13:42 | ○旅するフィリピン


<< アナック      プエルト・ガレラ旅行記「老人達... >>