2006年 07月 08日

プエルト・ガレラ旅行記「老人達と海」(その2)

ここでは、海で遊ぶジジイに焦点をあわせていく。

シー・カヤッキング
ご存知、武部君の得意分野。
武部君、水を得た魚のように生き生きしていた。
b0018885_22171063.jpg
パドルさばきも鮮やか。
あっという間に沖の方へ消えていた。

b0018885_22185714.jpg


b0018885_22205591.jpg


b0018885_22224018.jpg
山成君、武部君の前に乗せてもらって、カヤック初体験。
パドルを漕ぐ筋が良いとほめられたのはよかったが、降りた後、反対方向にパドルを返しにいくのだ。
いやはや・・・絶句。


シュノーケリング
b0018885_911311.jpg
出航!この日は佐渡夫婦はお休み。
女房がマニラに旦那の目の薬を取りに行っていた。

b0018885_8522123.jpg
この辺はシュノーケリングのポイントで、海の中はきれいだったらしい。←推測でしか言えない。クッー。

b0018885_8543933.jpg
マスクとシュノーケルを持参していたのは井口君だけで、皆、借りた、合わないマスクに四苦八苦していた。

b0018885_8563254.jpg


b0018885_8581425.jpg
山成君は海の上でも思索している?

b0018885_8595859.jpg
辺りの風景。
南に来たという旅情が身につく・・・

b0018885_914528.jpg
ター坊、何故か上機嫌。飲んでいないのに。
山成君とのチン事件(ブログの品格の上から詳細を公表しません)が起こったのはこの日でなかったのか。

b0018885_961953.jpg
佐渡君は船の上。
体育の授業を見学している虚弱体質の児童の気持ちがよくわかる。クッー。
スキューバ・ダイビングもやっていた佐渡君は、本来は皆よりはるかにうまく潜れるのだが・・・
これも運命。
この頃は運命という言葉ですべて片付ける。
便利な言葉だ。

b0018885_975616.jpg
ボートマンの息子、ジイソン。11歳。
機敏に動いて手伝いをする賢い子だった。
毎日来るので、学校をサボっているのかと聞くと、先生がしばらく休んでいて授業がないのだそうだ。ジイソン、疑ってごめん。
俺たちゃ、ジイサン、お前、ジイソン。
一発で名前が覚えられた。
姉ちゃんにでもイタズラされたのか、頭の上の部分が茶髪だった。


ホワイトビーチで昼食
お昼はいろいろな場所で食べて飲んでいたようだ。
オカマの店主にボラれたりしたようだが、そういう話も楽しそうだった。

b0018885_9332255.jpg
まだテーブルの上には何もないが、結構おいしいフィリピン料理だった。
特に、採りたてを買って、、炭火で焼いたイカは絶品だった。おいしかった。
内沢君、ありがとう。店の者が嫌がっていたのに、内沢君がスミで真っ黒くなって内臓を取ってくれたのだ。


b0018885_9353693.jpg
内沢君はビールを水代わりに飲み続けている。
ター坊、もう身体のことも考えなければいけない歳だってば!
と言ったって耳を貸すような男でもないこともわかっている。
でも、一応言っとくぜ。


フィッシング
良い客と思われてしまい、ジイソンの親父は、商魂たくましく、毎日いろいろな企画を持ちかけてくる。
その一つに魚釣りがあった。
魚釣りといっても、釣竿など使わず、鉄の棒の重り、発砲スチロールのウキをつけたテングスに針をつけて船べりから垂らすだけなのだ。
えさはエビのムキミ。
多分、釣った魚より、えさの方が高かったと思う。
でも、そこは遊び。
魚釣り大会として、最初に釣った人に100ペソずつ、一番多く釣った人に100ペソずつ支払うというルールを決めた。ここでも、山成君、賭けはいけないと難色を示したが、皆で押し切った。
疲れるぅ~、ハハハ。
結果は、武部君が総取りとなり、600ペソを手にしたが、結局、皆の珈琲代となって消えた。
勝者は気分が良いから気前が良いものさ。

b0018885_946146.jpg
前半は、賭けを嫌がっていた人に当たりがよくきた。
神様は、時々、皮肉を楽しまれる。

b0018885_9485354.jpg
ずっとボウズだった井口君、こんな小さくても結構うれしそう。

b0018885_9501366.jpg
本日の勝者!!

b0018885_952186.jpg
内沢君にも最後に当たりがきた。
神様は慈悲深い。

b0018885_955229.jpg
近くの島で、女房はバーべキュー係り。
もちろん、釣果など当てにせず、市場で、魚と味付けした肉を仕入れていた。
釣った魚は、小さい3匹は放流したが、残りは腹の中に納まった。

b0018885_95726100.jpg


b0018885_9593942.jpg
腹が満ちた後、海で子供のように戯れるジジイたち。
身体は少したるんでいるけれど、精神はまだまだたるんでいないぜ。
ビーンビーンよ!

by wakahiroo | 2006-07-08 22:23 | ○旅するフィリピン


<< プエルト・ガレラ旅行記「老人達...      プエルト・ガレラ旅行記「老人達... >>