隠居生活☆東京・マニラ行ったり来たり

wakahiroo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 11月 23日

ジジイのエルメスちゃん

b0018885_12224460.jpg


1月9日から3日間、長男と孫娘の和夏が、東京に遊びに来た。
1週間前くらいから、心わくわく気もそぞろ。女房に笑われた。

会うのは三度目。
もう顔を覚えていてくれたね。

去年の夏、サドワカちゃ~んと呼ぶと、ハ~イと言って手を上げてくれたね。
何度も呼ぶと手を上げたままにして無視をした。
そんな仕草も可愛かった。

あれから半年、随分成長したね。
立つのがやっとだったのに、ジジイの目がまわるほどスタスタ歩きまわるんだものね。
言葉はまだちょっとだね。
今度、会うときは、ぺチャクチャぺチャクチャ、オシャベリになっていそうだね。
オシャマな和夏ちゃん、早く会いたいな。

パパやママがいないからといって、一度も泣かなかったね。
でも、思い通り、事が進まないと、涙がすぐ流れた。
ポロッとこぼれる涙はベランダのバジルの葉に降りた朝露の一滴。
ジジも悲しくなったよ。

東京駅に見送りに行ったとき、寂しかった。
涙腺が弱くなっているジジも涙が流れそうになった。
すぐまた会えると言いきかして我慢した。ジジに涙は似合わないものな。
でも、つらかった。
浜松は新幹線ですぐなのに、とても遠く感じたよ。

和夏は力持ちなんだね。
お絵かきボードや小さな携帯用の椅子を意味なくあちこちに運ぶのが好きだったね。重くないのかな。エネルギーが余っているんだね。

お絵かきボードが好きだったね。
スタンプを押す。ぶつぶつ言いながら宇宙語を書きなぐる。消す、押す、書く。消す、押す、書く・・・・。なかなか飽きなかったね。
まわりが見えないくらい集中するってとても素敵なことなんだよ。

和夏は早起きだったね。
まだ暗い朝、ジジがトイレに起きると、ついて来てトイレの外で待っていた。
ビックリしたよ。
朝の来るのを待ちわびていたのかな。

和夏は絵本が好きなんだって。
帰るとき、パパに聞くまで知らなかった。
今度、たくさんたくさん、たくさんたくさん読んであげるね。
パパも小さいときジジの肩に乗ったり、頭に乗っかったりして聞いていたことがあったよ。
先に、ジジがあきるか、和夏があきるか、根比べだね。
ジジも本を読むのが好きだったんだよ。たくさんたくさん本を読んだよ。
隔世遺伝かな。そうだったら、うれしいな。
何でも知りたがり屋さんになってほしいな。

パパと約束した。
和夏が小学校に入ったとき、ランドセルを贈ると。
それまで絶対に何が何でも生きるぞ。和夏とも約束する。

和夏。夏に生まれた和やかな心の配達人。
ジジの生きる希望だ。
ジジに夢と生きがいを与えてくれる。

b0018885_12232723.jpg
お気に入りのお絵描きボード を前にして

b0018885_12235746.jpg
飯田橋駅前の焼肉屋の帰り。お猿さんを連れて。

b0018885_12333986.jpg
何でもよく食べるとババは喜んでいた。



    和夏
ふわふわと綿雲のように飛んできて、ニコッと笑い、またふわふわと逃げていく。
キッチンのテーブルをグルグル回る。何がそんなに楽しいの。
見ているジジの目も回る。
生を受けてから500日。生きていることがそんなに楽しいか。

ババが聞く「ジジ、どこ?」
私を小さな手で指差し「ジジ」
それだけでうれしくなる。
指の微妙な角度、方向、しっかりとジジの脳裏に刻み込まれ、いつでも思い出す。
その度に、目頭が熱くなる。

「危ないよ」と声をかけても、ババの押す乳母車から大きく首を出して後ろを振り返り、私の姿をさがす。
後ろからついていく私のよたよた歩く姿を確認し、安心したようににっこり笑う。
ジジはそれだけで有頂天。愛しい。
優しくて思いやりのある女は誰からも好かれるよ。

ジジが食べていた甘くておいしいパン。
少しあげたよね。甘いものは駄目とパパに言われていたのを思い出し、あげるのを止めた。
と、小さな両手をオメメにあてて泣いて抗議したね。
ジジはつらかった。
でも、知ってるよ。
涙が出ていなかったのを。
ジジは騙されかけた。泣き真似もできるんだ。
涙は女の武器だって、もう知っているの?
それもうれしかった。
大きくなって、男達を手玉に取るんだよ。
泣いて笑って、笑って泣いて。
少しくらい感情の起伏が激しい方がジジは好きだなあ。
感受性のの豊かな女になるんだよ。

和夏は大人のすることは何でもしてみたいんだね。
ババが台所の流しの下の戸を拭いていると、一緒になって、冷蔵庫をタオルでゴシゴシ。
お風呂に一緒に入ったババが浴槽を拭くと、一緒になって、鏡をゴシゴシ。

清太おじさんの充電中の携帯を耳に当てて、宇宙語で交信する。
  「あぅあぅあぅわ、あぅあぅあぅあ」
誰とお話しているの。神様か、赤糸で結ばれた未来の恋人か。

一生懸命、ジャンバーの留め金をはめようする。
どうしてもできない。悲しい顔をしてババに差し出す。
それでいいんだ。
ある日突然できるようになるんだよ。
人生で一番いけないのは挑戦しないこと。
少しくらい生意気でも良い。
常識なんかにとらわれない、好奇心の強く何にでも向かっていく女になるんだよ。

君の微笑みはジジの心を溶かす。
ジジは生きている実感を味わう。
生きていることに素直に感謝する。

和夏。夏に生まれた、周りを和やかにしてくれる子。
厳しい冬でも、ジジの心を和ませる。
少しでも長く時間を共有したいなあ。
そのためには長生きしなくちゃ。

b0018885_1234746.jpg
ババと

b0018885_1234381.jpg
和夏とババとお猿さん

b0018885_12352182.jpg
パパと

b0018885_12403079.jpg
和夏とジェニファー。東京ドームシティへ行く道。

b0018885_12422249.jpg
カフェ・デンマークにて。ジジと

b0018885_1243991.jpg
東京ドームシティイホテルにて

b0018885_1258256.jpg
新宿西口の居酒屋にて

by wakahiroo | 2006-11-23 12:16 | ★家族のいる風景


<< 2006年浜松(3) ワカちゃ...      フィリピン・ミンドロ島旅行大反省会 >>