2005年 01月 28日

43年ぶり

1月28日(金)
心に深く決することがあったわけではない。
誰かに衷心から謝意を表したかったわけでもない。
サッカー好きであるけれども、ロナウドや久保や小野の真似をしたわけでもない。

丸坊主になった。
高3以来だから、43年ぶりの丸刈り!

原因は、単に私の語学力が貧しく、単語を知らなかっただけなのだ。

ひげも伸びたし、剃るのも面倒くさい。ついでに頭も刈っちゃえ。女房のBBQ屋の斜め向かいにある床屋に行くことにした。
スポーツ刈りにしてもらいたかった。
スポーツ刈りにあたる英単語が思い浮かばない。
女房に聞くとミリタリーカットじゃないかと言う。
床屋で手でしぐさをつけながら、
「ショートヘアー、ショートヘアー、ヴェりー、ヴェリー、ショートカット、スポーツカット、GIカット」などと、いろいろ言ってみた。あんまり通じた気配もない。
「ミリタリーカット」
床屋がうなずく。電気バリカンでうなじから刈りはじめる。
どうもおかしい。頭のテッペンもジー。
おいおい、丸坊主じゃないのか。もう遅い。
まあ、いいっか。髪型を気にする歳でもねえや。
今、日本の高校生にもはやっているみたいだし、ファッショナブルじゃないのか。サッカー好きをアッピールしようか。
日本帝国陸軍のミリタリーカットには、間違いない。

てな、いきさつで43年ぶりの丸坊主ができあがった。
なお、料金は、頭を刈って、ひげを剃って、チップ10ペソ入れて、80ペソ(160円)
床屋の兄ちゃん、どこかロバート・デ・ニーロに似ていて、良い男だった。関係ないか。

女房に、私の頭を見せると、笑いながら「格好いいよ」だって。
格好いいなら、笑うな!
君にも幾分か責任はあるんよ。
ところで、丸坊主はタガログで何と言うんだと聞くと「カルボかな」
本当かよう。カルボって禿じゃなかったっけ。
女房のタガログも頼りない。
b0018885_15583815.jpg
生きて虜囚の辱めを受け、只今、帰還しました」と語るモンテンルパ刑務所から出所したばかりの佐太郎上等兵です。胸の汗から暑さがわかるでしょう。

今、気がついたんだけど、私って、メガネを取ると、アラタケ探検隊の小さい方に似ていないかな。ちっともうれしくないけど・・・

今日は、朝から調子が狂っていた。
フィリピン食に飽きてしまったのか、食欲がなく、前日、あまり食べなかった。
朝4時、お腹がすいて、起きてしまった。眠れない。
仕方が無いから、早朝ウォーキングと洒落込んだ。
まだ暗い中を30分ほど歩き、ヴィレッジの外に出た。
空腹には勝てない。24時間営業のチョウキングという安い中華のお店に入った。
コンギー(お粥)とカペ(コーヒー)で朝食取っていると、
仕事帰りなんだろう、同じお店の若い可愛いホステスを二人引き連れた知り合いのバクラ(オカマ)君に日本語で声をかけられた。
「社長、元気!こんなところで何しているの!」
見ればわかるだろう。朝っぱらから大きな声で社長呼ばわりするな!
私もだんだん顔が広くなった。ハハ。
こんなところも昔の新宿(何でもありのアナーキーな街だった)に似ている。
私に向いているな。再確認。

バーハイ(家)に帰る途中、昼食用に揚げたサギン(バナナ)を買う。
「マグカノ・イト(これ、いくら)」
体格の良い中年のおばさん、まあよくしゃべる。
「$%#$オチョ\&/*〇)%、ペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラ」
「ダラワー(2本)」
「オチョ」は確か8だったよな。でも「$%#$\&/*〇)%、ペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラペラ」の部分がさっぱりわからない。
どうも、良い事なのか悪いことなのかわからないが、外国人とあまり思われないようだ。
それでも、1本8ペソと見当をつけて、20ペソ札を出すと、4ペソのおつり。当た~り。
勘に頼っているだけじゃ、そのうち、行き詰る。
やっぱりタガログを少し身につけたいなあ。
とは思うものの、この腐った頭では、それが、けっこう難しいんだ。
この際、この丸坊主は、タガログ語学習の決意表明としておこう。
佐太郎は、タガログ語が話すことができるよう、日々、精進します。

というわけで、自分の語学の貧しさを痛感した一日でした。
あのバクラ君のように、恥ずかしがらず、自分の知ってる単語を大声で堂々と話してやるさ。

それにしても、次男は今、丸坊主なんだけど、私のこの頭を見たら、きっと髪を伸ばすな。
断言できる。
悲しいかな。親父と一緒なのが一番いやなんだ、あいつは。

by wakahiroo | 2005-01-28 14:42 | ○フォト日記(マニラ)


<< 街で見かけるタガログ語      フィリピンの子供たち(bata... >>