2009年 08月 02日

チャイナタウンを歩く

バクラランからデビソリア行きの、ジープに乗った。
チャイナタウンに行きたいと言うと女房がそう教えてくれた。
バクラランで苦労して乗り場を探したね。
ジープの客引き男が「ソリア、ソリア」と声を張り上げていた。
なんだか、日本のお神輿の掛け声と似ていて面白かった。
さて、次はどこで降りるかだ。
ビノンド・チャーチの名は覚えていた。ドライバーに「ビノンド」言って、20ペソ渡したと思う。確か、2ペソくらい戻ってきたよな。

パシグ・リバーを渡り、中華風の門をくぐると、前方に教会が見えてきた。
この教会の近くで降りると、正解だった。
まずは、教会に入って、お祈り。

チャイナタウンがどこかわからない。
教会を出たところで、まずは、中年の女性に声をかけた。
「エクスキューズ・ミー」
完全に無視された。しょうがない。こ汚い助平そうなジジイだものな。
女性には警戒されると悟り、次に、年配の男性に声をかける。
「チャイナタウンはどっちですか?」
「ここだよ」
と笑われてしまった。質問を変えた。
「チャイナタウンの中心はどっちですか?」
しばらく考えた後、左方向を指さしてくれた。

チャイナタウンって、広いんだ。

b0018885_12472559.jpg
ビノンド教会

b0018885_12501948.jpg
教会に入っていく修道女達

b0018885_1251975.jpg
王彬北橋(オンピン・ノース・ブリッジ)
門の向こうはオンピン・ストリート。こちらもそうなのかな。よくわからない。

b0018885_1254044.jpg
さすが漢字の看板が多い。
永美珍。何屋かわからないけど、雑然とした街の雰囲気と溶け合って、チャイナタウンに来たって、情緒が身につくよな。
隣りの黄色い看板、新竹餃子館。これは何屋かよくわかる。「Tasty Dumplings」と言われてもようわからんけどね。

b0018885_12545078.jpg
いいねえ。いいねえ。
チャイナタウンだよね。
おいしい酒のつまいみを売っているらしいけれど、よたよた歩きの佐太郎、体力的に店の中まで入る余裕はない。今回は街並みをざっと見るだけ。

b0018885_12552919.jpg
露店とパジャックフィリピンの風景だ。
でも、歩く子供達、なんとなく中華の血が感じられるよね。

b0018885_12562098.jpg
オンピン・ストリートの風景①

b0018885_1257251.jpg
オンピン・ストリートの風景②

b0018885_12581025.jpg
サンタクルス教会
疲れていたので、ここには入らなかった。
それにしても、電線、何であんな複雑に配線しているのかな?

この教会の向こうにLRTのカリエド駅があるらしい。
今度は、バクラランからLRTに乗って来ようか。

b0018885_12585611.jpg
友誼門近くの通り。やはり中華系の人が多かった。
でも、昼から暇そうだ。
時間の流れがゆっくり。佐太郎には合っている。

b0018885_12593765.jpg
チャイナタウンのビジネス街?
ちょっと殺風景だよな。

b0018885_130616.jpg
中比友誼門
この門の向こうに、パシグ・リバーにかかるジョーンズ・ブリッジがある。

by wakahiroo | 2009-08-02 12:51 | ○マニラよたよた歩き


<< アラバンを歩く      キアポを歩く >>